※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-

IME制御用 関数群 (IME.ahk)

AutoHotkey上で日本語入力の制御を可能にするための関数群、IMM32 API使用
AutoHotkey_L (A32/U32/U64)に対応しました。

ダウンロード

内容

使用方法

 ・#Includeで組み込む
 ・Libフォルダにコピーして関数ライブラリスクリプトとして
 ・必要部分だけコピペで切り出す、等

関数一覧

IME_GET( ) IMEのON/OFF 状態の取得
IME_SET( ) IMEのON/OFF 状態の制御
IME_GetConvMode( ) IME 入力モードの取得 (あアアAA)
IME_SetConvMode( ) IME 入力モードの制御
IME_GetSentenceMode( ) IME 変換モードの取得(人名/一般/話し言葉など)
IME_SetSentenceMode( ) IME 変換モードの制御
IME_GetConverting( ) IME 文字入力の状態を返す(入力・変換中/変換候補ウィンドウ表示中 など)

更新履歴

2012.11.10
・AutoHotkey_L (A32/U32/U64)対応
・WinTitleパラメータが実質無意味化していたのを修正
・スクリプトのファイル形式をUTF-8(BOM付)に変更
2009.12.03
・IME 状態チェック GUIThreadInfo 利用版 入れ込み
 IEや秀丸8βでIME状態が取れなかったのを対応した
 参考:http://blechmusik.xrea.jp/resources/keyboard_layout/DvorakJ/inc/IME.ahk
・Google日本語入力β 向け調整
 入力モード 及び 変換モードは取れないっぽい
 IME_GET/SET() と IME_GetConverting()は有効
2009.07.02
・AutoHotkey スレッド part8 99にあった IME_IsConverting() をパクって追加
 http://pc12.2ch.net/test/read.cgi/software/1243005818/99-105
 > 99 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/06/02(火)
 >対象窓で、文字入力中or変換中なら1を、変換候補窓が出ているなら2を、
 >それ以外なら 0を返す。
 >ATOK2007とMS-IME8.1で確認。クラス名がバージョンの数値違いだけなら
 >別verでも通用するかも。
・パラメータのWinTitleの既定値を アクティブウィンドウにしたはいいが、
 何故だか妙に回りくどいことをやっていて、Last Found Window
 (http://lukewarm.s101.xrea.com/Window.html#lastfoundwindow)
 が有効にならない仕様になってたのを修正
・DllCallだと隠しウィンドウでも操作可能なようなので
 AHK内蔵のSendMessageコマンド → DllCall("SendMessaege")に。
 DetectHiddenWindowsのOn/Off廃止