※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開発においてコマンドとかを長たらしく打つのはめんどくさいし、
作業時間も遅くなる。

そのため一連のコマンドを書いたMakefileを作っておくと楽になる。

下にMakefileの例を示す

ーーーーーーーーーここからーーーーーーーーーーーーーー

V_FILE  = dynamic.v
SIM_FILE = dynamic_sim.v
SHM_FILE = dynamic.shm

all: ${SHM_FILE}

${SHM_FILE}: sim

sim: ${SIM_FILE} ${V_FILE}
  ncverilog +access+r ${SIM_FILE} ${V_FILE}

cad: ${SHM_FILE} 
  simvision ${SHM_FILE} &

s_clean:
  rm -rf INCA_libs ${SHM_FILE} ncverilog.log *~


ーーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーーーーー



最初の三行はncverilogコマンドを行なう上において使う
ファイルの指定である。この場合だとdynamicというモジュール
を使うことになる。


次の行の
all: ${SHM_FILE}
はktermにおいて

% make

とした場合に行なう処理を表す。この場合は${SHM_FILE}を作成
することになるので${SHM_FILE}を作成する

${SHM_FILE}: sim の行で示されるsimコマンドの処理を行なう。この書き方は、${SHM_FILE}はsim
を行なうことであるというのを表す。


all以外のコマンドは

% make コマンド名

で行なわれる


例 % make sim


とりあえず何かのコマンドを作成したいのであれば

コマンド名:コマンドに必要なファイル(定義しておくと楽)


とすれば簡単にMakefileができる。



あと、作成するファイルは

定義ファイル名 = 使用するファイル名

とすればよい。


とりあえずまず作ってみることを勧める






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー