※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボイドレシオ(void ratio(英語))

タイヤ(未作成)トレッド(未作成)面で溝(未作成)が占めている面積の割合のこと。普通は「%(パーセント)」で表され、ボイドレシオ20%ならば、トレッド(未作成)面全体の20%が溝の部分という意味になる。

おおざっぱに言って、以下の傾向になる。両者はトレードオフの関係にあるため、完全な両立は困難である。
ボイドレシオが低い 接地面積が増えてドライグリップ(未作成)重視
ボイドレシオが高い 排水性が上がってウェットグリップ(未作成)重視

しかし、溝(未作成)の形をトレッド(未作成)面全体で一定にせず、車体のバンク角(未作成)によってその時々のボイドレシオを変化させることで、どちらのグリップ(未作成)を重視するかを切り替えて、ある程度の両立をはかっている。

関連語
タイヤ(未作成)」「トレッド(未作成)

2007年05月31日