※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

車輌盗難

盗難を防ぐ方法

方針

その気になれば解除、回避のできないロックは無い。解除の苦労をそのの価値に見合うもの以上にし、相手に面倒であきらめめさせる方法でロックをかける。

最低限

基本

盗難リスクの高い車輌向け

小ワザ

発想転換

落とし穴

  • 駐輪場(未作成)でも管理体制の甘いような所は、人通りの少ない場所での路駐(未作成)と同じ。
  • 盗難は雨天決行。むしろ雨音でカモフラージュされる。
  • 盗難成功率の高さによるメリットが、当局の警戒強化の可能性によるデメリットを軽く上回るため、1度狙われたらその場所は高い確率で再度すぐ狙われる。
  • 四輪車(未作成)で隠している場合、先に四輪車(未作成)側の鍵を
    破って移動させてから持って行かれる例がある。
  • 大排気量かつ人気車種だと、現実的にはプロに狙われたらどうあがいても終わりという感じ…。

盗難を防ぐ(?)方法

盗難に遭ったら

  • 警察(未作成)に被害届けを出す。これはあくまでも保険(未作成)利用や事後処理のため。警察(未作成)が積極的に捜索することは期待しない。
  • インターネット上の盗難情報サイトを利用する。
  • 車種によって犯人層の傾向がある。原付中排気量車マルチなら大半が暴走族系。大排気量車ならば海外転売目的のプロ集団、希少車の場合は国内転売目的で解体屋崩れの小さい組織の場合もある。
  • 大排気量車を除くと、発見される車両は、高い確率で盗難された場所から遠くない場所で発見される。半径10数km圏内。
  • 海外に持っていかれたら、返ってくる可能性はほぼゼロ。


関連語
グッドライダー防犯登録(未作成)」「車輌保険(未作成)」「大地ロック」「直結(未作成)」「盗難保証(未作成)」「パーツ盗難(未作成)」「ロック(2)」

2007年05月18日