※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エンジンオイル(engine oil(英語))

エンジン内部をめぐっているオイルのこと。血液とも呼ばれるほど、重要な役割を担っている。
その役割には
がある。

メンテナンスについて

交換


点検

液色に関しては、かなり早い段階で黒くなるため、オイル点検窓から見てもあまり参考にはならない。十分に古いオイルを抜き取り、オイルフィルターも含めて交換したのに、それでも数km走っただけで真っ黒という場合は、さすがにエンジン内部の汚れがひどいと考えられる。この場合はフラッシング(未作成)を検討する。

交換時に抜いたオイルが
  • 銘柄
  • 距離(伸びれば黒くなる)
  • 走行環境(気温・空気の汚れなどで違う)
  • 走り方(エンジンの回し方でも異なる)
を考えて、いつもと同じなのに色が違う場合は、何らかの異常がある可能性があるが、やはり明確に参考になることはあまりない。

白っぽく濁っている場合は乳化(未作成)が考えられる。この場合は交換が必要。

補給

2ストロークエンジン(未作成)
常にシリンダー(未作成)内部で少しずつ燃え続けているため、交換ではなく補給する必要がある。警告ランプが点灯してから完全に無くなるまでにあまり余裕がないので、点灯したらすぐに補給する。
4ストロークエンジン(未作成)
減っていれば補給が必要とよく言われるが、これは、ノンシールチェーン(未作成)が一般的であった頃、自動的にエンジンオイルをドライブチェーン(未作成)に散布する仕組みを取り入れていたり、ピストンリング(未作成)シール(未作成)性能が低かったことから、エンジンオイル減少量が大きかった時代の車体(未作成)の話で、90年代以降の国産車(未作成)であれば減少はごくわずかであり、この作業はほとんど必要がない。大きく減っていることが、即何らかの異常と考える方が自然。

エンジンオイルに関係する用語





略語
オイル
関連語
ギアオイル(未作成)」「潤滑(未作成)」「焼き付き(未作成)

2007年04月30日