※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リーンアウト(lean-out(英語))

上半身の傾きよりも車体のバンク角(未作成)を深くするコーナリング(未作成)方法。上半身は立ったまま、腰から下だけが傾いたような状態となる。

以下のようなメリットを備えており、
  • 視点が下がらないので、遠くまで見わたせる。
  • 体は大きく動かないので、素早い切り返し(未作成)が行える。
  • 体の自由が利くので、とっさのコントロール性に優れている。
障害物の回避や見通しの悪い場所での運転で役立つ。細い、もしくはグリップ(未作成)のあまり良くないタイヤ(未作成)を履いているに向いている。

ただし、他の方法よりもあまり荷重(未作成)が乗らないので、速度が高い場合は同じRカーブ(未作成)を曲がるためにより深いバンク角(未作成)を取る必要があり、スリップ(未作成)してもコントロールしやすいがスリップ(未作成)もしやすい。特に雨天では、過剰に使わない方が良い。

逆に、滑ることを前提としているオフロード走行では、基本的に常時この方法を使う。モタード(未作成)トラッカー(未作成)でのドリフト(未作成)アクセルターンブレーキターン(未作成)なども、滑った状態が必要なのでこの体勢が基本である。この場合は、上半身を立てるだけでなく、反対側のシートの角まで尻をずらすハングオフ(未作成)の正反対のような極端な方法も珍しくない。

速度は乗らないが小回りをする必要があるジムカーナ(未作成)でも使われる。Uターン(未作成)も、一発で決めるならばこの方法がやりやすい。

関連語
リーン」「リーンイン」「リーンウィズ

2007年06月18日