※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阿弥陀被り(あみだかぶり)

ヘルメット(未作成)を後頭部に引っ掛けて被っている状態の事。
など、本来の機能的メリットは一切無いが、
などの理由で行われる。主に半キャップ型ヘルメットで見られる行為だが、たまにフルフェイスヘルメット(未作成)でやっている人もいる。(首が折れそうだが…)

意外にも、現状ではヘルメット(未作成)をどうかぶるかまでの細かい規定が無いので、明確には道路交通法(未作成)違反(未作成)とは言えない。

呼び方の由来は、阿弥陀如来像の後光の部分の様に見えることから。元々は、袈裟の被り方の呼び方の一種からきている。あまり一般な用語ではないが、警察の広報や報道関係ではよくお目にかかる。元々は警察内部のスラングだったのだろうか?

同義語
半ヘル
関連語
チンピラ(未作成)」「ノーヘル(未作成)」「半キャップ型ヘルメット」「ヘルメット(未作成)」「暴走族」「ヤンキー(未作成)

2007年04月28日