もうじき僕は歌わない。@Wiki io04

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

結局、タイトルは決まっていない。

以下、候補の方々。
  • もうじき僕は歌わない。
  • 素敵少女
  • あなたのままで。
  • CHISYA
この流れなら、CHISYAかなあと思いつつ。もうしばらく考えさせて下さい。
たぶん、タイトルが決まったらこっちに移動します。いつになるやら。

1/5 22時〜記入。

 杏樹angeが天使なら、悪魔系の名前としては琢磨を提案。斉藤和己SAITOH KAZUMIを流用するなら、汐路か東海林か、あたりでいかがか。

1/4 22時半〜記入。

 風呂に入って考えた、キャラクターの名前。これやると、世界が広がるのを妨げることがあって微妙なんだけどなあ。とはいえ、いいかげん時間もないしなあ。
  • 杏(あん)……姉。僕っ子。
  • 樹(いつき)……妹。ボクっ子。
 杏は、姉aneと兄aniの共通部分an。それとフランス語の1(アン)より名付けました。樹は2(デュー)と、斎宮(いつきみや)のいつき。ふたりそろって杏樹=ange、というのも、たぶん使わない裏ネタとして。
 杏に憧れる樹、という関係。杏が一人称が僕だから、樹も真似してボクとか名乗る。

  • 男の子に、イトイカズマを使うかどうか。
 糸井一間。数字で書くと110110。三題噺だったか、どこかで使う予定の男子。ちょっと書きかけたんだけど、覚えていないです。引きこもりで同人誌描き。実は文学少年。斉藤和己に含まれる名前のひとつ。別にイトイカズマである必要はないんだけど、ひとりを象徴するような名前をつけたくて、一人と書かない形でかずと→和人、と展開するか、それも芸がないから、一間に振るか、と。あまり素敵なネタではないか。まあ、妥当なあたりなんじゃないかとか思ったりもしつつ。

 カズマ(仮)が、杏と話をするのか、な。世代的には樹とカズマ(仮)が同世代で、おつきあいをしているのかしていないのか。同居しているのは父母と杏? 樹? ……杏の方が素敵か。

1/4 21時半〜記入。

 昔書いた、リンゴ系のネタを流用できないかと考案中。ネットに載せた覚えはないけど、HDDのどっかに残ってる? 消したっけ? ……探すよりも、思いだしながら書いた方が早そうなので、適当に書いていきます。

ナイフを持った旧友の襲撃。
何をしていたのか報告しろ。
つまらない人生を送っていたら殺す。

結論部分で自殺しようとする?
死ななかっただけ上出来?

 問題は、どこも「もうじき僕は歌わない。」じゃないところか。インタビューっていうネタは組み込んであるし、同性愛もできそうだし(解釈次第)、女の子の一人称だし、ふくらませ方次第でなんとかなる気はするんだけど。どうだろうか。

1/3 21時半〜記入。

 妹側からの記述、ってのもありかと路線変更。
 社会人の姉、定年退職後の父、主婦の母。
  • 台所でおせち料理をつくりながら、母と会話。
 就職活動に疲れたから主婦になりたい、とか愚痴を言う私。振り向きもしない母の背中、言っちゃいけないことを口にしたことは分かっている、でも言わずにはいられなかった。
「そんな性根の小娘を、誰がもらってくれるものですか」
「ね、父さんとはどうやって結婚したの?」
「就職が決まったら教えてあげましょうか」
「そんないいもの?」
「就職がそんなにいいものだと思っているの?」
  • 姉からのメール。今年の正月は帰れないとか何とか。
「姉から。帰れないって」
 そうか、と還暦も過ぎた父はさみしそうに。理由を聞かないのが慎み深い父らしく。
「聞いてみようか?」
 返事を待たずに電話をかける。待っていたら止められるのは分かっているから。
「や、お姉ちゃん?」
「忙しいんだけど、何か用?」
「父さんに代わる」
 こちらも、返事を待たない。なんか、こういうキャラが定着している。ブレイモノ。
「……元気か?」
「おかげさまで」
「ならいい。切るぞ」
 何をしているのか、この親子は。

  • 最終的には、姉の一人暮らしに駆けつけてハッピーエンド。
 そんな信じてもいない未来を書けるのか?
 駆けつけるのは父だけとか素敵じゃないでしょうか。
 じゃないか。

1/3 13時〜記入。

 社会人である自分、もうじき社会人になる妹、もうじき社会人を引退する父。母は主婦? だろうと思う、社会人であることを支えるのだって、立派な大人のつとめだと思うから。……共働きをしている僕が言うのも何だけど。
 歌えなくなったのは恋人? 先輩? 上司? 同僚?
 みんな、それぞれの方法で歌わなくなる。それが大人?

声が口からあふれ出した 両手で押さえても止められない
悲鳴のように嗚咽のように 私は歌う
二度と笑うことはできないから 私は歌う(歌う理由/奥田美和子)

1/3 10時半〜記入。

 職場の後輩、というのを考える。女性。OL。明らかに偽物になるけど、どうなんだろう。妹、とか見たことあるものを選択すると少しは嘘が少なくなるか?
 というか、自分は誰なのかと。

 最後のコメントは父親、とかいうのはありですか。
 というか父親になるんですが僕、ありでしょうか。

 ツンデレ妹、就職活動中。どうよ、リアル妹が就職活動中なんですが。

1/3 8時〜記入。

明日から仕事かと思うと、ちょっと集中しなきゃなあ、と。

  • ツンデレ、とか書いても誰も分からないか?
 まとめ方として、仕事から帰ってきて家族はみんな寝静まっていて、もうじき僕は歌わないと思う、というひとりパターンと、会社を出ると彼女?が待っていて、一緒に帰ろう、というふたりパターンと、とか考えつくんですが……どっちが素敵だろう?
「だ、誰もあなたのために待っててあげた訳じゃないんだからね。あなたに何かあったら、私が困るから、私のためにいただけなんだから。」
 才能ないな、僕。

あと、もうひとつ。
「時花あおい」を使うかどうか。使いたいけどなあ、使うと何かが露骨すぎる気がする。

  • いま歌っている僕と、むかしは歌っていたけれど、いまは歌っていない誰かのかけあい?
 親子のネタも混ぜ込むのかどうか。
 あと、どうしても使いたい「死ななかっただけ上出来」は誰の発言にするのか、誰に対しての発言にするのか。別にオリジナル通り、精神病関係のネタにしなくてもいいよなあと思う。たとえば交通事故でもいいし、胃潰瘍でもいいし。

 僕にとってリアルな小説にするためには、一人称は社会人男性の僕の方がいいのか。それとも、に書いたように、同性愛も出てくる異性の一人称がいいのか。……そうか、同性愛について書くつもりでいたのか僕。


1/2 16時〜記入。

昨日の日記をふくらまして、物語としてでっちあげる方向。

  • インタビュー企画とかにできないだろうか。
  • やっぱり「死ななかっただけ上出来」を書きたい。

 仕事で、某ローカル芸能人にインタビューをしたことがあります。名古屋ではラジオパーソナリティとして有名人で、ラーメン好きでラーメンの本を書いたりしてる人です。歌うのが好きだけど最近は歌っていない、という旨の発言をされたので「そんなに好きじゃないんですね?」と失礼な質問をして、非売品のCDを渡されたりしました。他にサイン色紙とかステッカーとかもらって、いい話を聞いて、個人的に気に入っている方なんですが、でも、あのときの僕には、その質問をするしかなかった、と今でも思ってます。
(声が出なくなってね、薬を吸入すれば歌えるんだけど、最近は歌ってないんだよ、と。本当に歌が好きなら、薬を吸入して歌えばいいじゃないか、って僕は思ったのです。思ったことを口にしていいかどうかは、きっと別の問題だけど。)
 結論としては、必ずしも歌う必要はない、というところに持って行きたいのか? 僕らしくないけど、今年の僕はそっちに展開するのか?

これでタイトル「CHISYA」か。知者、チシャ、シャチ *1 の逆順。
僕にしかわからないネタでごめんなさい。


  • インタビュー相手は誰?
  • というか僕は誰?

 物語としては、インタビュー相手……が、別にインタビュー相手じゃなくてもいいのか。飲み会で愚痴る相手とか、どこかで待ってる恋人とか。

  • 死ななくて上出来だったのは誰?