※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梅酒(うめしゅ) wikiより引用

一般的に6月頃に収穫される青梅を35~40度程度のアルコール(ホワイトリカー、焼酎が一般的)で漬け込んだ酒で、日本を代表するリキュールである。 「うめざけ」「ばいしゅ」「うめじょうちゅう」とも言われる。

夏の喉の渇きを止め、暑気払いや疲労回復に非常に良く、また体を温める。梅とアルコールの殺菌効果で、生水に少量落とすと毒消しにもなる。 家庭でも簡単に作れることから、古来より民間の健康酒として親しまれている。

梅1kgに対して砂糖0.4~1kg、酒1.8リットルが一般的な割合である。

梅酒に使われる梅には、最高級梅とされる南高梅の他、古城、白加賀、鶯宿、豊後、竜峽小梅、林州、玉英、梅郷など、果肉が厚く種の小さい酸味高い品種が用いられる。 砂糖は一般的に氷砂糖が使用されるが、蜂蜜、黒糖、果糖なども使用される。溶解が比較的おだやかな糖類の方が好ましい。 アルコールはホワイトリカー(甲類焼酎)、ブランデーが無難であるが、ジン、ウォッカ、ラム酒などのスピリッツや、日本酒、みりん、ワインなどの低アルコール度の酒でも漬け込むことができる。ただし旨味を出すには長期の熟成が必要となるため、低アルコール度数の酒を使う場合は腐敗に注意を払う必要がある。一般的に(日本国内で)市販されている梅酒のアルコール度数は10-15である。



作品中では、赤坂早紀の好きな酒であり、早紀はこれ以外の酒を飲むとすぐに酔っ払ってしまう。しかし、ビールの度数が通常5%程度、ワイン12%程度、日本酒15%程度なので梅酒は酔わないで他は酔うというのにはいささか疑問が残る。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|