戦闘システム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日時 2008年12月23日 (火) 14時38分28秒

TCoSの戦闘

数式や確率などプレイヤーの操作できないダメージに頼りすぎているゲームがたくさんあります。例えば、連続クリティカルヒットやランダムボーナスダメージで勝ったとします。しかしそれはプレイがうまかったのではなく運が良かっただけでしょう。そんなことがないよう、TCoSの戦闘システムはプレイヤーの戦術に大きく左右されるようになっています。

FPSのようなターゲットシステム

他のMMOゲームとの大きな違いがターゲットシステムです。敵をターゲットして攻撃ボタンを1度クリック、それで敵が倒れるまで待つ、みたいなオートアタック戦闘はありません。TCoSでは照準を使って手動で敵をターゲットしつつ技を振るうことになります。つまり、戦いに勝ったとしたら、それはプレイヤーの決断と行動が違いを生んだからであり、ダイスロールや運によるものではありません。

スキル

プレイヤーが戦闘中ずっと狙いを定め的確な判断をしなければならないとしたら、それと同時に大量のスペルやスキルで混乱させるのは良い考えではありません。使えるスキルはたくさんありますが、戦闘中、いっぺんに表示されるのは一握りのものだけにしてあります。

スキルブック

キャラクターが覚えたスキルは全てスキルブックに保存されます。レベルアップしたりスペルボーンの世界を探検することで新しいスキルを覚えられます。低レベルで覚えたスキルは弱いスキルというわけではなく、キャラクターが強くなったとき使いものにならないということはありません。威力や効果はキャラクターの能力で決定されるので序盤から終盤まで効果を発揮します。キャラクターがレベルアップすると同時にスキルもまた強く成長するのです。キャラクターがどのスキルを覚えるかは選んだアーキタイプとクラスによって決定されます。例えば、ウォリアーはインペイルなどの近接スキルを覚え、ルーンメイジはルーンオブファイヤのような魔法スキルを覚えます。

{スキルデッキ

スキルブックからいくつかのスキルを選んでスキルデッキを作ります。スキルデッキはトレーディングカードゲームのデッキに相当します。 6つの行(ティアーと呼ばれる)と1行につき5つのスキルスロットで構成され、どのスキルスロットにもキャラクターが覚えて使えるスキルを選んで配置できます。思うままに自分自身の戦術戦略を研究し作りあげましょう。チームならばそれぞれのスキルデッキを組み合わせ、より効果的に戦うことができます。

コンバット

スキルデッキは一度に1行の5スキルが見える円柱のように表示されます。スキルを実行すると円柱が回転し次の行が現れます。デッキを工夫し効果的な順番でスキルを使い、強力なコンボを放ちましょう。
マウスホイールか1~5キーで使うスキルを選び、マウスをクリックするとスキルが実行されスキルデッキが回転します。それと同時に照準が合っている場所にスキルの効果が発揮されます。
※最速で連続攻撃したい場合はクリックを連打するのではなく、押しっぱなしにすればスキルが使える状態になり次第すぐに実行されます。

コンボ

この戦闘システムに加え、チェーンコンボを作ることができます。全てのスキルはコンボタイプを持っていて、正しい順番で使われた場合に特定のボーナス効果を発揮します。例えば、スキルにオープナーアイコンがついていたら、それはチェーンコンボを開始できるという意味です。そしてフィニッシャーアイコンがついているスキルでチェーンコンボを終えればより大きなダメージ(または自分に良い効果や敵に悪い効果が追加)があります。この効果はオープナーとフィニッシャーの間に使ったスキルに依存します。
このアイコンはコンボのオープナーであることを表します。
このアイコンはコンボのビルドアップであることを表します。
このアイコンはコンボのフィニッシャーであることを表します。

戦闘結果は準備の段階で半分は決まってしまいます。柔軟性に重みをおき様々なタイプの相手に対応できるよう組んだスキルデッキは、キャラクターの戦闘力を大いに増大させることでしょう。スキルデッキは何度でも自由にお好みで調整できます。戦闘中を除いていつでも変更できるので、強敵だったと感じたら次は簡単に倒せるよう工夫してみましょう。

手動回避

スペルボーンは早いペースで動きに富んだ戦闘を特徴としています。命中させるのによく狙う必要があるのはすぐに気付けるでしょうが、避けるのはそうではありません。多くの新規プレイヤーはその場に立ったまま武器を振り続け、自分も攻撃を受けながら相手が倒れるのを待っていたりします。それでもなんとかなるわけですが、私たちが早いペースの戦闘として想定したのはそれではありません。

スペルボーンはもっと楽しいソリューションを提案します。手動回避です!すばやく操作すれば敵の攻撃を回避することができます。

試しにレベルの低いイノシシを見てみましょう。イノシシはホークスマウスの街の近くで見つけられます。イノシシは次のような予測可能な攻撃パターンを持っています。

  • あなたに気づく
  • あなたに向かって走る
  • 十分近づいたら足を止める
  • 1秒もしないうちに攻撃を放つ
  • 必要ならば、また走りあなたを追いかける
  • 足を止め攻撃する

攻撃の開始は音と動きで予測できます。まずイノシシを近づいてくると特定の距離で足を止めるのに気付くでしょう。この距離とイノシシから離れること(横移動が最適)を覚えて予測できるようになれば攻撃を回避できます。タイミングが重要で練習も必要ですがこの方法で攻撃を避けることができるのです。

イノシシの攻撃を避けてすぐに近づき、こちらの攻撃を当て、そしてすぐに敵から離れましょう。このヒットアンドアウェイ法は全ての動物タイプの相手に効果的です。さらに数匹同時でもジャグリングのようにできます。この方法を使えばレベル1でもイノシシを1,2発しか食らわずに倒すことができます。

安全地帯

全ての望みが失われたときは敵が届かない場所へ逃げ込みましょう。単に高いオブジェに飛び乗るだけでも運がよければ相手は追いかけることができなくて、すぐに戦いから退却します。

敵はすぐにヘルスが回復しますが元の場所へ戻っていきます。ただし注意が必要です。時々敵はあなたのいる場所への道を見つけ襲い掛かってくるでしょう。

グループ

キャスターはいくつかの回復魔法をを持っています。しかしそれを使うには少し立ち止まる必要があり、敵の攻撃にさらされてしまいます。そういうわけでキャスターと他のクラスで組むのが効果的です。他のクラスが多ければ多いほど回避行動がとりやすくなり、その間にキャスターが他のクラスをサポートできます。これには他のクラスはキャスターが攻撃されないようブロックすること、キャスターは他のクラスが容易にブロックできるよう立ち回ることの連携が必要になります。

戦闘中はマウスホイールを使おう

戦闘中にマウスホイールを上下すると、スキルデッキの選択サークルが左右に動きます。また、一方向に回し続ければ最初または最後の埋まっているスロットで止まるようになっています。つまり、最初のスロットに近接攻撃、最後のスロットに遠距離攻撃を入れておけばスキルデッキを見ずにホイールを上下できるようになります。

これはちょっとしたテクニックですが、大きなアドバンテージを得ることができます。マウスで攻撃スキルを選べば、もう片方の手は移動に集中できます。攻撃や回避もこの方法ならずっと簡単になります。少し練習が必要ですが、手動回避と一緒に練習するといいでしょう。

人間タイプの敵

スペルボーンの人間タイプの敵はバカではありません。彼らはグループでの行動方法を心得ています。また、プレイヤーとまったく同じ攻撃範囲やスキルクールダウンの制限をもっています。例えば、キャスターのいるグループと遭遇すれば、すぐにどんなタイプの攻撃をしてくるか気付くでしょう。違うタイプのキャスターは違う戦術を使います。近づいてくる者もいれば、距離を保つ者もいます。しかし、一般的にはキャスターはグループのサポートをしています。仲間を回復・強化し、プレイヤーが倒れるのを待っているのです。

敵グループの近接クラスはこれを知っていて、プレイヤーとキャスターの間に入りキャスターに遠距離攻撃が当たるのをブロックしようとしてきます。また、近接クラスの中にはフィジークを下げてプレイヤーの動きを遅くしてくるものや、背後から大ダメージを与えてくるものもいます。

こちらもグループを組めばずっと対処しやすくなります。敵はグループメンバーそれぞれに散らばることになるからです。しかし敵もプレイヤーグループのキャスターを狙うことを知っています。
このちょっとした「アクションパズル」を解くにはたくさんの戦術がありますが、一般的にはキャスターを最初に倒すのが良い考えです。それから他のクラスを倒しましょう。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|