|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Excel

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

vlookup関数

引数
第1引数
検索キーを指定する。第2引数で指定されたリスト範囲の左端行に対応し、リストを参照する際のキーとなる値を指定する

第2引数
目的のデータが含まれる範囲を指定する。左端行には必ずリストを検索する際の一意キーとなる値が含まれていなければならない

第3引数
取得する対象の列番号を指定する。例えば上の例のように「2」が指定された場合、第2引数で指定されたリストの2列目が引用される

第4引数
検索方法(TrueもしくはFalse)を指定する。リストを検索する際に、完全一致する項目のみを検査するか(False)、それとも、あいまい検索を許すか(True)を表す

◆重要
第4引数について
省略した場合は、TRUEとみなされる。
ただしvlookup(第1引数,第2引数,第3引数,)のような場合
(カンマが存在し、第4引数が指定されていない)は、
第4引数に'0'(すなわちfalse)が設定されているとみなされるので
完全一致検査となる。

ちなみにあいまい検索の場合は、リストは昇順にソートされていなければ
ならないので注意!


コメントの印刷

▼操作手順:コメントをワークシートとは別に印刷する
メニュー[ファイル]-[ページ設定]をクリック
 ↓
[ページ設定]ダイアログ-[シート]タブをクリック
 ↓
[印刷]-[コメント]欄から「シートの末尾」を選択
 ↓
[ページ設定]ダイアログ-[OK]ボタンをクリック