パワパーク@Wiki 第73回阪神

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

阪神タイガース

#ref error : ファイルが見つかりません (hanshin.gif)
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -

過去の総評:


html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

選手一覧


・*゜゚・*:.。..。.:*・゚★素晴らしき打者達★゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
選手名 作成者 コメント
信陵君 歴史を知るもの 足が速くて守備がいい。全体的に能力がいい特に走力、ミートには目を見張るものがある。内外野どちらでも力を発揮できそうな選手です。今年から一番打者に抜擢されました。歴史を知るものの大好きな俊足巧打タイプです
モリーナ 本村寿朗 毎年安定した打率を残している俊足巧打の二番打者。最近は脚力が衰えて盗塁数は減少傾向。しかし、持ち前のミート、走力、特殊能力でまだまだ活躍中!!
宮城正 鬼頭 ホームランが多く打点が高い。高卒の選手で、打率が良く、本塁打も良い。将来の4番に期待ができる打者。四番に抜擢されてもおかしくない選手です。
中村憲洋 あおい 今期ミートがAにまでアップしたが打率が思うようには伸びていない。パワーもあり本塁打が期待できる主軸バッターの一人。今期からはついに四番に抜擢され、主砲としての活躍が見られるだろう。
@@@@ @@@@ パワーがAで、その他の能力もバランスがとれている打者。活躍に期待がかかる。今期からは打点を荒稼ぎしてもらいたい。特殊能力による能力の底上げもまだまだ期待できる。今期打率2位、本塁打3位、打点1位という脅威の活躍を見せた。
成瀬未来 ホタル パワーとミートがBであるが、走力が少ないのがオチ。走力があれば最高のバッターになれるであろう。今期も主役の一人としての活躍に期待!
JYAI KIM なんと入団5年目でミートSという脅威の打者。そのシュアなバッティングに期待したい。ビハインドの場面でも逆境の強さが生かされる。ミート以外の能力もバランスが取れているので、今後の活躍に期待。
けいすけ けいすけ 4年目のシーズンもさらなる活躍を期待。ミートがすでにAであり、将来安定した打率をマークすることができるのではないだろうか。
慶子 かん 入団3年目。1年目は打率.278の成績で新人王候補だったが、惜しくもタイトル獲得はならなかった。2年目のシーズンは三振数が極めて多く打率も低下したので、来季以降はミート力UPに重点を置きたい。

・*゜゚・*:.。..。.:*・゚★素晴らしき投手達★゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
選手名 作成者 コメント
エースの称号 エースの称号 名前の通り阪神のエースとして君臨。変化球が全て上級変化。安定した防御率を残す頼れる存在。引退までにどれだけチームに貢献してくれるかが楽しみだ。
のびねこM たこす 3種類のキレのある変化球を操る投手。特殊能力の多さも特徴の一つとしてあげられる。緩いストレートと抜群の変化球による緩急をつけたピッチングが信条。
浮舟 愛媛馬師連合会 昨期は5勝13敗と不本意な成績を残した。コントロールが上昇しており、球速も1キロだけ伸びた。今期こそは2桁勝利を達成したい。
郭李建夫 kuwata 制球力・スタミナ共にCとバランスが取れているので即戦力として期待される大卒ルーキー。一発病の特殊能力を抱えているのが弱点。
馬英九 名無し 今期入団のルーキーピッチャーだったが、名無しになってしまった、早めにピッチャーを調達したい。
眉村健2 海堂高校2 今期二年目。一年目は中継ぎとして大いに活躍。コントロールが良い。変化球は一種類しかないが、活躍が期待される。
J・コール コール 軟投派の多い阪神においてMAX152キロの速球を誇る。抜群の制球力とキレのある変化球で相手打線の勢いを止める。特殊能力も増えてきた頼れる中継ぎエース。
打たれ靖 かす 2年目のピッチャー。速球と変化球については申し分ないが、制球力に不安が残る。将来は郭李建夫と共に先発としての活躍が期待される。1年目からいきなり11勝(11敗)をマークしたが、防御率と被本塁打数に課題が残った。
特訓開始 前期は31セーブにて救援投手タイトル獲得。今期は制球力をさらに磨き、前期以上の成績を残したい。


第73回あけぼんペナントinGPPS杯結果


順位 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策
89 48 11 .649 .299 3,46 5,0 189 88 43








野手編

チーム打率.299得点率5,0本塁打数189
打率、得点率、本塁打数と三つの部門で一位に輝く。年々打撃は伸びてきている。
課題であった機動力も改善され、盗塁数最下位から脱出した。


投手編

チーム防御率 3.46
防御率リーグトップの成績を残す。ただ、先発のエース格のピッチャーが二人とも高齢なので今後は心配である。
先発投手一人が名無しとなってしまった為、先発投手の補充が必要。


チーム総合

リーグ優勝という最高の形でシーズンを終えることが出来た。
野手、投手ともにすばらしい成績を残し、文句のないシーズンであった。
打撃では1、2番を軸にした打線だが、クリーンナップで点がとれないという問題も解決した。
守備力は全体的に低いので成長に期待したい。
投手では、先発のスタミナ不足のせいで中継ぎにかなりの負担がかかっている。
しかし、先発の中の3人はまだ若いのでこれからの成長に期待。
中継ぎも若手が多いだけに成長に期待。
抑えは安定していて安心できる。                                



                   最終編集者 歴史を知るもの