パワパーク@Wiki 第205回ソフトバンク総評

#ref error : ファイルが見つかりません (総評.bmp)


ソフトバンクの今期の総評です。選手のシーズン最終成績も載せています。




◎第205回

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
205 1 140 86 51 34 13 .627 .260 2.66 3.8 124 197 13
164年以来41年ぶり29回目のリーグ優勝を果たす。
今期は、1点差ゲームを勝利に結びつけた試合が多かった。全球団に勝ち越す。
野手陣の得点率こそ昨期より低下したが、ソフトバンクが目指す走る野球が今期は出来た。
盗塁数はリーグトップの197個。
投手陣の防御率は2点台中盤で安定した成績を残した。
短期戦に弱いソフトバンク。CSを今期こそは突破したい。


☆今期のパ・リーグを振り返る

  • 優勝は、 ソフトバンク 。41年ぶり29回目のリーグ優勝
  • 二位は、日本ハム。後半戦追い上げを見せたが6連覇達成ならず。
  • 三位は、楽天。主力投手が抜けたがAクラスをキープ。
  • 四位は、オリックス。選手層は厚くなってきたが結果を残せず。
  • 五位は、西武。編集者が移籍加入しwiki復活。
  • 最下位は、ロッテ。若手が育たず苦戦。





☆プレーオフ展望

今期はソフトバンクが優勝でCS進出を果たす。初戦は3位楽天か2位日本ハムの勝者チームと対戦することになる。どちらが勝ち上がってきてもレギュラーシーズンの勢いのまま全力で立ち向かって今期こそ日本シリーズ制覇を目指す。

CS第2ステージ VS東北楽天

第1戦:ソフトバンク 3-2 東北楽天
(勝)ドリーム7 (S)堂谷 (敗)奈菜
第2戦:ソフトバンク 9-1 東北楽天
(勝)大隣憲司 (敗)利器
第3戦 ソフトバンク 9-4 東北楽天
(勝)杉内2 (S)憲6 (敗)岩瀬
CS第2ステージ突破!

日本シリーズ VS東京ヤクルト

第1戦:東京ヤクルト 5-2 ソフトバンク
(勝)腹黒王子 (S)スマイル下さい (敗)我末
第2戦:東京ヤクルト 2-5 ソフトバンク
(勝)ドリーム7 (敗)ロケット
第3戦:東京ヤクルト 0-1 ソフトバンク
(勝)だれさき (敗)倉葉楓
第4戦:東京ヤクルト 4-2 ソフトバンク
(勝)原田卓弥 (S)スマイル下さい (敗)大隣憲司
第5戦:東京ヤクルト 0-5 ソフトバンク
(勝)杉内2 (敗)宣
第6戦:東京ヤクルト 1-4 ソフトバンク
(勝)我末 (S)堂谷 (敗)腹黒王子
日本シリーズ突破!


☆今期のオールスター

選手名 出場回数 成績
多村仁 4年連続7回目 .266(1本3点)
海野民子 2年連続7回目 .461(1本2点) 
大隣憲司 13年目で初出場 0.00(0セ2奪)
※オールスターMVP初受賞 
ドリーム7 2年ぶり3回目 6.00(0セ2奪) 
堂谷 2年ぶり6回目 0.00(0セ1奪) 
今期はソフトバンクから野手2人・投手3人選出された。
前半戦9勝の活躍を見せた大隣憲司は入団13年目にして初出場となった。
そして昨期の憲6につづいて大隣憲司がオールスター投手MVPに輝く。
2年ぶりにドリーム7・堂谷も選出。多村仁は4年連続の出場。
海野民子も大活躍だったが打点の差で野手MVPに選出されなかった。





☆野手陣総括

  • 205期最終成績
ポジ 名前 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
1 星空散歩Ⅲ .295 176 1 37 127 47 33 0
2 赤坂V弐 .224 125 8 46 87 3 18 5
3 ヘンダーソン .306 180 6 55 79 2 50 0
4 多村仁 .335 175 30 95 88 1 36 1
5 海野民子 .276 139 45 108 94 2 9 0
6 後藤光尊 .274 145 15 67 63 3 7 0
7 イチロー .205 110 6 47 98 2 16 1
8 おおぴら .209 105 11 48 102 1 13 3
9 DH 川崎 .204 102 2 28 110 1 15 0

【寸評】
前期より得点率は微減したものの、全体的に良い成績を残す事が出来ている。
50盗塁のヘンダーソン選手、
トリプルスリー達成の多村仁選手、
45本塁打108打点の海野民子選手で構成されるクリンナップは脅威の一言だ。
3年目ながら打率.295・33盗塁を記録、見事リードオフマンとしてチームを牽引した星空散歩Ⅲ選手にも注目だ。
★各選手能力はこちらです。





☆投手陣総括

  • 205期最終成績
ポジ 名前 防率 勝ち 負け セーブ 奪三 四死 被本
10 杉内2 3.33 9 8 0 137 78 20
11 大隣憲司 1.80 19 4 0 171 105 6
12 だれさき 2.10 15 8 0 204 96 13
13 我末 2.62 16 7 0 122 75 14
14 おィ!!其処の君 4.10 5 12 0 78 88 22
15 ドリーム7 2.08 12 2 1 58 48 5
16 流浪人 2.32 4 3 2 57 44 7
17 憲6 3.58 5 5 0 64 45 7
18 堂谷 2.29 1 2 34 32 19 4
【寸評】
昨期に比べチーム防御率は0.3近く向上。
先発陣は平均してみるとほぼ例年通りの安定した成績を残した。防御率が2点台を割り、19勝を記録した大隣憲司選手は現時点でのMVP最有力候補。今期もだれさき選手が奪三振を200個の大台に乗せたが惜しくもタイトル獲得には至らなさそう。
救援陣では27歳と若いドリーム7選手が防御率2.08・12勝とベテラン顔負けの抜群の安定感を見せている。
★各選手能力はこちらです。







☆チームWiki

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は他チームと遜色ない人数と思われますが、まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
そろそろwiki非協力者は切っていくので覚悟しておいてくださいね。






  • 最終編集者 :紅蓮(臨時)
  • 編集内容 : プレーオフ展望
  • 更新日時: 2008年10月20日 01時09分45秒 :
  • 通算: -
  • 今日: -
  • 昨日: -