パワパーク@Wiki 第229回ソフトバンク


     toy〔roy〕

.240
139
11
38
11
215回にドラフト指名を受け入団。俊足巧打が持ち味。発展途上でありまだまだ活躍は厳しいと思われる。HRを打ち戦況を変えるパワーは無いが、小技を絡めた打撃を得意とする。216回は結果を残せなかったが将来は俊足巧打の選手を目指す。217回は活躍はできなかったが今は成長段階の為、焦らずに育成してほしい。これから先いかに打撃でチームに貢献できるがが問題となってくるだろう。218回も特に例年と変化なく活躍の無い年であった。しかし脚力、特にミート力が着実に成長している為活躍するのも時間の問題であろう。確実に実用性の高い特殊能力を取得してほしい。219回も打率、出塁率が伸びず低迷してしまった。そろそろ進化が問われる。220回では自己最高の成績を残す。しかし打率が2割5分台と基礎能力からすると若干物足りなさを感じる。将来の2番バッターの為最低打率3割を目指したい。221回も打率が伸び悩んだが確実に成長が感じられる。222回では打率こそ伸びなかったが80打点を記録し勝負強い打撃を見せる。223回は1年間2番打者として活躍する。しかし打率をもう少し残したい。224回は2番打者としてシーズン通して活躍する。225回はブレークの年。惜しくも3割到達はしなかったがシーズン通して活躍する。226回は3番打者として活躍しチームを引っ張る。打率こそ3割に到達出来なかったものの安定していた。

     阿部晶文〔名無し〕

.248
152
0
17
19
224回オフにドラフト外で入団。入団1年目の225は前半戦は苦戦したが、最終的にはルーキーながら2番に定着し、新人王を獲得。翌227回は終始2番に定着し、シーズンを通し3割に肉薄し、21盗塁を記録したが、2年連続100三振超えと意外な一面も見せた。

     中村〔名無し〕

.299
143
34
87
10
226回オフに横浜よりFAで入団。挨拶は無いがなし99選手の穴をカバー。

     ニョロモⅠ〔ニョロモ〕

.272
131
25
59
7
224回オフに転生入団。スイッチヒッターの一本足打法で将来の4番を目指す。225回は惜しくも新人王獲得ならず。しかし二桁本塁打を放つ。2年目で20本塁打を放つなど将来の4番候補。

{     ペイリン〔ペイリンⅡ〕 229年度新人王

.245
124
15
54
5
229回オフに転生入団。一本足打法で将来の四番をめざす。守備に難あり。 

     川﨑宗則〔健一〕

.159
82
3
24
3
212回オフにドラフト外にて入団。守備力はプロレベルにはほど遠いが俊足好打型の選手に成長しそう。最終的には「出塁率の高い選手」を目指している模様。213回は打率.221と低迷したがこれからの成長に期待。215回からは三塁手を任される。...が、打撃も守備もまだまだ発展途上。また、216回からは右翼手として出場している。3拍子揃った選手に成長している。217回は打撃が開花する。自己最多の28本塁打、89打点を記録する。盗塁も二桁記録するなどソフトバンク恐怖の7番バッターとして成長。218回はソフトバンクの核弾頭として1番バッターを経験する。27本塁打を放ち他球団から恐れられた。219回でもトップバッターとして期待されたが開幕から全不調が続き7番に降格する。しかし12本塁打、71打点と、まずまずの成績を残す。220回は2年ぶりに20本塁打を記録するなど復調の兆しが伺える。221回は打点こそ80打点を稼いだが打率、本塁打と微減している。222回では打率が低かったものの20本塁打とまずまずの成績を残す。223回ではチャンスに強い打撃を見せる。来期からクリーンナップ任す予定。224回では能力が開花し3割30本と活躍する。225は打率が2割5分台と低迷するが20本塁打、80打点とまずまずの成績を残す。226回はtoy選手と共に主軸として活躍する。

     ジョー〔名無し〕

.140
67
14
39
2
225回オフに投手より転生入団。威圧感持ちで新人王候補。226回は新人王を期待したが成績が伸び悩み打率1割台と苦戦する。


     DEATH〔DEATH〕

.201
105
2
25
6
223回オフにドラフト外で入団。将来は俊足好打型の選手に育成してほしい。挨拶は有り。目標は。不動の1番バッター・首位打者・盗塁王。これからがとても楽しみである。将来の1番打者候補だが224回はこちらも打率1割台と低迷する。225回も2年連続で打率1割台と低迷。226回も打率が伸び悩み苦戦する。そのオフにロケット打法取得を狙ったが惜しくも失敗に終わる。

     暦〔名無し〕

.182
92
1
21
6
222回では盗塁、最多安打がリーグ2位とトップバッターとして成長する。2年ぶりにGG賞も獲得。223回もGG賞に輝き打率3割、200安打、30盗塁を記録する。224回ではオールスターに出場、そして初タイトル首位打者に輝く。225回も3割、200安打到達。GGにも輝く。226回も能力が衰えてきたが3割200本安打を達成する。

   あっきー〔だれさき〕

Km
1.68 10 10 0 188
213回オフだれさき投手が転生入団。1年目で球速が150Kmと将来が有望な投手。214回は中継ぎのエースとして新人王を獲得する。今期の活躍にも期待。215回ではまずまずの成績をのこした。216回では先発に転向。しかし先発では厳しかったらしく成績を下げる。217回では中継ぎに再び転向。やはり中継ぎが得意なのか防御率2点台に二桁勝利と中継ぎエースとして活躍。218回でも217回と同様の活躍をし勝利の方程式を確立。219回では再び先発に転向。20勝をあげて最多勝・最高勝率のタイトルを獲得しベストナインと投手MVPに選ばれた。来シーズンは球界を代表するエースとしての真価が問われる。220回は前半戦だけで10勝到達し2年連続の20勝を期待したが後半戦は勝ち星に恵まれずシーズン15勝に終わる。221回ではノビ〇を取得。219回と同様の成績を残しタイトルを獲得。これからはこの投手が中心になりチームを引っ張っていく。222回では2期連続で20勝をあげ投手のタイトルを総取りした。もはや無敵のエースとなりつつある。223回では3期連続での20勝を期待したが勝ち星に恵まれず12勝に終わる。224回では16勝するものの防御率が3点台と大幅に悪化。ソフトバンクのエースとして復活に期待。225回は最優秀防御率を獲得しチームに貢献。おしくも最多勝を逃がしたもののチームトップの16勝をあげる。226回は防御率2点台と活躍するも、能力を考えると不本意なシーズンだったか。

   ワトソン少佐〔ワトソン少佐〕

Km
3.02 11 13 0 76
222回オフにドラフト外で入団。サブマリン投法はシンカーが活かされる投法だが覚えておらずコントロールもDと1年目は苦戦しそうである。223回では抑えで起用。前半戦だけで20セーブをあげているが、内容は今ひとつ。後半戦は、調子が良くなく登板機会が少なかったが1年目にしてはまずまずだろう。224回でも制球が安定せず、苦戦をし、防御率も7点台と2年目のジンクスにはまった。後半戦に巻き返したが、後半戦も不調で2年目のジンクスにはまった。225回から先発転向する。勝利に貢献する。前回は先発に転向して10勝を(14敗)挙げたが課題の制球力は悪かった。今期は中継ぎで結果を残す。今期は中継ぎでまずまずの成績を残した。前期からは再び先発に戻り2桁勝利を挙げる。負け数を減らせば優勝に近づけるはずだ。 

   HAYATA〔雷神2〕 227年度新人王

Km
2.63 7 18 0 46
第227回オフに転生入団の新人。ルーキーながら4球種を持つが、球威はないが、HRを打たれにくくなる逃げ球を持っている。しかし、制球力とスタミナはやや欠けているため自慢の多彩な変化球をどう使うかが決め手となるだろう。1年目は中継ぎとして防御率2,69、6勝とルーキーながらいい成績を残し、パ・リーグ投手新人王を獲得した。第228回はは先発に転向。しかし、2年目のジンクスにはまり、昨年の防御率2.69から防御率5.48と大きく防御率を上げてしまった。229回は防御率を2.63まで取り戻せたものの18敗は情けない。四死球が97と多かったので制球力がまだ足りない。まだまだ伸び盛りな選手なだけにこれからの期待も大きい。

   ジャコビー〔スーパー名無し〕

Km
2.83 12 10 0 81

   トム〔スーパー名無し〕

Km
2.82 9 16 0 105

   ランパード〔チェルシー〕

Km
4.52 1 7 3 21
225回ドラフト外で入団。能力的にすべてが発展途上の投手。これからの成長に期待。226回は防御率4点台。活躍することはできなかった 

   斉藤和巳〔名無し〕

Km
- - - - -

   ゆっくん〔名無し〕 208年度新人王

Km
8.44 1 3 14 5

   杉内Ⅳ〔俊哉〕

Km
4.20 4 1 1 39


総合 - 今日 - 昨日 - 最終更新 2009年04月11日