|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

お金の聖書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



今回紹介する本は、「世界一読みたかったお金の聖書」です。
作者はザビエル、監修はラーニングエッジ株式会社が行っています。
2005年度にPHP研究所より出版されています。

日本人のおよそ50人に1人が1億円以上のお金を持っています。
この現実を前にすると、お金持ちになることは、そんなに難しいことではありません。
仮に、あなたが大学を出ていれば、「大学を卒業することくらいたいしたことではない」と感じるかも知れません。
同じように、1億円を持っている人は「1億円持つことくらいたいしたことではない」と思っているのです。
日本人の50人に1人は1億円以上のお金を持っているのです。
お金を増やすノウハウ本をしっかり読んで、実践しさえすれば5年後にはそれなりに裕福になっているのです。
5年間という期間をどのように感じるかは人それぞれです。
しかし、社会人になり毎月給料が振り込まれながらも、「常に何かが足りない」という生活を今後数十年に渡って続けることよりも、5年間だけがんばってみるほうが良いのではないでしょうか?
■ 大富豪のダイヤモンド
 お金持ちは
 お金持ちになる為には次の3つのことを
1 お金を貯める
2 お金を作る、増やす
3 お金について学ぶ、脇を固める
■ 与える人

どうしてこんなに働いているのに、どうしてお金が貯まらないのだろう

お金を貯める理由は人それぞれです。

人生で何を求めているかというと、お金そのものではなく、お金をたくさん持っているという「感情」と通帳に載っている数値という「データ」なのです。

人によってその人の持つ『感情』は違うし、その人の現状を表す『データ』も違います。

生活をシンプルに自動化すれば、勝手にお金が貯まる
お金に対するネガティブな感情(特に自分にはお金がない)は毎朝トイレでお札でお尻を拭いているようなもの
お金はデータなのだから、処理をすればよい
自分の感情をうまくコントロールし、自動的なデータ処理を簡単に行う為
⇒感情に流されることなく、事務処理としてお金を扱うことができる。

ある程度の目標を達成すると「もういいだろう」「不安だから投資はそろそろやめよう」といた感情に負けて「データ」を増やすことを辞め、お金を急に使い始めてしまう。

寄付をすることで「与える側」の感情を手に入れる
感情の豊かさを得ることができる。
お金を手放す感覚をつかむことで、本当にお金にゆとりのある自分になれる。
お金を増やす能力のある人は、お金を手放すのがとっても苦手。
比較や値引き交渉に必死
心にゆとりを持つことが大切

『収入』を増やすことばかり考えています。
しかし、お金持ちになる人は『資産』を増やすことばかりを考えています
お金持ちは、投資をします。
まだ、お金持ちでなければ、労働して貢献しましょう。
この二つのことを守ることで資産が貯まり、お金を貯め、そして再投資することで

お金がないときは、労働して「貢献」を提供すれば、お金の心配をする必要がありません。
お金があるときは、投資して「お金」を提供すれば、お金の心配をする必要がありません。
ポジティブシンキングの習慣を身につけることが 
お金を創りお金を増やすことの


自分に対する自信や「人格」、「能力」を向上させる為に学び続ける必要がある
 労働を提供して
トータルでプラスであれば良い

重要なのは、『お金をいくら稼ぐかではなく』、『手元にいくら残しておけるか』
生涯学習
人間は生涯学習しなくては、自らを殺してしまう。
「自然界を見ればよくわかる。生命体には二つの状態しかない。成長しているか、死につつあるか。このどちらかなんだよ」


今回のサマリーはいかがでしたでしょうか?

選択肢 投票
すごく良かった (2)
まあまあ (1)
ちょっと違うかな (1)
駄目やり直し (1)
こちらのサイトでは、私たちがお勧めするビジネス書のサマリーを纏めております。

 原稿を見てみてちょっと違うぞ!ポイントがずれている!と感じた方は是非、編集してみ下さい。

 私共でクオリティーに問題がないと判断した場合は、私共の専属ナレーターを元に録音し、BookCastingしてまいります。