※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【伝説の剣】

桃カンを開けるという、珍妙な経緯で開発された剣。
ダル・セーニョの王族が守っている宝石(ルビー)に聖なる者の魂を取り込ませたものを剣の柄の穴に入れると、何でも斬り裂く剣になる。
しかし、宝石あるいは聖なる者の魂がなければ、何も斬ることができない(逆に、何をしても斬られる事もないらしい)。
ちなみに、桃カンを開けた時には、聖なるカブトムシの魂を宝石に取り込ませたらしい。
なお、出典自体は18巻。詳しいことが解るのは19巻前後。
ラルクに支給。

【ハーメルのバイオリン】

もとはハーメルの母親のパンドラのものだったが、作中ではずっとハーメルが所持している。
ハーメルの祖父のヴァィ・オリンが作った魔器であり、特別製。
ハーメルによく鈍器として使われているが、まったく痛まない。
一度破損したことがあるが、それ以降きつい攻撃を壊れることはなかったため、相当頑丈であると思われる。
修理する際、オリンの改造により「ド」の音でドリル、「レ」の音でレーザー、「ミ」の音でミサイル、
「シ」の音でジェットを出せるようになった。
チョッパーに支給。

【ライエルのピアノ】

重さ500㎏、耐火性の特別製ピアノ。
話の中でよく投合武器として使われるが、傷一つ付かない丈夫さ。
ケロロ軍曹に支給。

【伝説の剣のルビー】

伝説の剣の鍔元に嵌めこむルビー。聖なる存在の魂を吸い込むことが出来る。
ヒグマの大将に支給




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー