|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第1章 娘がガンにおかされました

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これはテレビドラマの話ではありません。
現実に娘がガンにおかされたのです。よりによって私の娘が……。

2003年9月、学校から帰ってきた娘が、妻に訴えたそうです。
「チョット、腕が痛いの……」
娘は当時中学1年生、二人姉妹の妹の方で、元気で明るくわが家のムードメーカー的存在でした。
趣味は絵を描くことで、親バカではありますが、これがなかなかいけていて、自分でも「将来、マンガ家になろうかな?」などと言っておりました。
それまでに目立った病気をしたこともなく、元気で明るく、普通のそしてかわいい娘でした。学校では友達もたくさんできて、クラブ活動はテニス部、充実した中学校生活を送っていたと思われます。
この年頃の女の子の常として、父親である私との会話はめっきり減っていましたが、まあ、これも自然のこと、とにかく順調に成長している中学1年の女の子でした。