Glasshopper/2005年04月27日/チュニジアでコーヒータイム

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
独特な味のするコーヒーだ。渋味が強い。ちなみに粉をお湯に溶いて作る。そして片言の日本語で、甘い?甘くない?と聞かれる。甘い!と答えると大匙一杯の砂糖が投入される(笑)
お菓子は松の実やマカダミアンナッツなどが入ったドーナツみたいなもの。甘さ控めで体に良さそう。
コーヒー飲み終わりには苦い粉がこずんでいる。コーヒーは500円、菓子は一つ300円と俄然高め。
実は チュニジア館 は一昨日も来た。イタリアやドイツ、フランスは相変わらず長蛇の列で並びたくない。企業パビリオンも日本館も大地の塔もマンモスもまだ(笑)
つうか並びたくないのです。


カテゴリ: [Apl_2005] - &trackback- 2005年04月27日 17:40:00

#blognavi
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
添付ファイル



Today -
Yesterday -
Total -

MENU

Guide

Old Contents