※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

iPod1日2時間以内に

世界有数の聴覚研究機関、米ハウス・イヤー・インスティチュート(HEI)は16日(米国時間)、イヤフォンで大音量の音楽を聞き続けると難聴になる恐れ があることを訴えるキャンペーンを開始した。『iPod』ブームで難聴予備軍の増加に危機感を抱いており、ケーブルテレビの『MTV』などで異例の警告 CMを放送する。

 約30秒間のCMで、少年がイヤフォンで音楽を聞きながら、一人でバスケットをしている場面から始まる。二人組の女の 子が声をかけてくるが、彼は全く気づかず、知り合うチャンスを逃してしまう。耳の形をしたキャラクターが、少年をたしなめるという展開だ。最後にウェブサ イトの情報閲覧を呼びかける。このCMは、キャンペーンのウェブサイトでも見ることができる。

  こうした聴覚障害の問題は、ウォークマンの登場以来、指摘され続けているが、最近の携帯音楽プレーヤーの流行で、改めてクローズアップされている。CMは 当初、アリゾナ州で試験的に放送し、順調なら地域を拡大して10ヵ月間にわたって継続する。米『ヤフー』などに動画広告も投入する。