PS2版 機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.@Wiki TP装甲


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TP装甲

原作におけるトランスフェイズ装甲(Trance Phase Armor)の略称。
カラミティを初めとする連合軍後期Gに搭載されたPS装甲の改良型。

圧倒的な防御力を誇るPS装甲だが、2つの弱点がある。
バッテリーを大量に消耗するため、稼働時間が短くなってしまうこと。
効力を失った時に機体が灰色に戻ってしまうことでエネルギー切れが敵に分かってしまうということである。

そこで連合軍は各種センサーを利用して着弾時のみに展開するTP装甲を開発した。
このTP装甲は「バイタリティ・エリア」と呼ばれる、コクピットやエンジンブロックなどの機体の重要な構造にPS装甲を仕込み、更にその上に通常装甲を張り重ねて2重構造としている。
よって、装甲の展開に関係なく機体の色は常に同じであるため、敵にエネルギー切れが察知されることはない。

更に感圧センサーとの連動により、着弾時だけ装甲に電力を回すため稼働時間も延長されている。この他の利点として、フェイズシフト装甲材を必要最低限の場所に使用した事で装甲に掛かるコストの削減が挙げられる。

この案は電力の節約に繋がっており、前期Gシリーズにおいて問題だった稼働時間の延長にも成功している。
TP装甲の採用により電力に余裕ができたこれらの機体には、先に開発された5機よりも強力な火器や防御システムが搭載され、全体的な性能の向上に繋がっている。
しかし、3馬鹿はエネルギーなんて知るかと言わんばかりに撃ちまくったり曲げまくったりするものだから原作では逆に稼働時間が短くなっているように思える。

本作中においてもTP装甲を搭載したカラミティレイダーフォビドゥンは出撃デモで機体の色が変化しない。