PS2版 機動戦士ガンダムSEED 連合 VS. Z.A.F.T.@Wiki 中間覚醒

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【解説】
中間覚醒とは、覚醒キャンセルとは基本的に違い、1部の格闘後に覚醒を行い、
その後の格闘から覚醒コンボに持っていくシンプルな物。
ただし覚醒キャンセルとは違い、ある一定の格闘から他の格闘への派生出来る
攻撃行動時のみにこの覚醒が適用される事である。
普通に派生でも何でもない格闘への繋ぎでは中間覚醒をしても
覚醒コンボへ繋げる事が出来ない場合が多い。
なお、覚醒キャンセルならばもっと色んな格闘から出来るぞと
文句を言われかねないが、これは比較的やり方が簡単なので初心者向けとも言える

【入力方法】
解説で説明した通り、一定の格闘から他の格闘へ派生出来る機体のみに有効。

例)M1アストレイ デュエルASなど

まず1番簡単なM1アストレイで入力方法を書いてみよう。
N格→N格→覚醒→前格→特格→前格(304)
と言うような形でN格2段目から前格に派生出来るので覚醒をしてから前格を行う事で
そのまま覚醒が適用され、特格、前格へと繋げる事が可能になる。
また、特格→覚醒→前格→特格→前格→BR(304) なども可能である。

デュエルASの場合
N格→覚醒→特格→横格→前格(2HIT/3HIT)→BR(280/300)
と同様に可能である。

【覚醒キャンセルとの違い】
解説にも書いてしまった事だが、覚醒キャンセルは、射撃可能な攻撃行動から射撃ボタンを押し、
ずらし押しにより覚醒発動→次の行動へと持っていく。
また、最近では、1部の格闘→派生格闘をキャンセルしての覚醒キャンセルを練られたようだが、
中間覚醒は、やり方自体が違う(初心者向けな)せいか派生格闘へと持っていける格闘からでしか
行動が出来ない。だが、逆に言えば、失敗もしづらいという利点もある。

【発動のタイミング】
ただ普通にやっても失敗してしまい、派生格闘へ持ってけないまま攻撃が終了してしまい
手痛い反撃を食らう羽目になってしまう可能性がある。
タイミングとしては1度覚えてしまえば楽なのだが、単純に、格闘から派生格闘へ持っていく
タイミングになってから覚醒をするのが良い。そしてそのまま派生格闘へ持っていく形になる。

【最後に】
このやり方が適応する機体及び攻撃可能な所を全て書いておこう。

ジャスティス【横2段→中間覚醒】 フリーダム【N3段→中間覚醒】【前格→中間覚醒】
Bインパルス【特格→中間覚醒】 Sインパルス【N格→中間覚醒】
アビス【N格3段→中間覚醒】 デュエルAS【N格→中間覚醒】
イージス【N格→中間覚醒】【N2段→中間覚醒】 ブリッツ【N2段→中間覚醒】
Aストライク【N格→中間覚醒】【N2段→中間覚醒】 Sストライク【N格→中間覚醒】
ストライク【N2段→中間覚醒】 シグー【N2段→中間覚醒】
M1アストレイ【N2段→中間覚醒】【特格→中間覚醒】 グーン【N格→中間覚醒】 ゾノ【N2段→中間覚醒】
ディン【N格→中間覚醒】 指揮官ディン【N格→中間覚醒】 ストライクダガー【N2段→中間覚醒】

…また詳細は定かではないが覚醒キャンセルで無いにも関わらず
攻撃途中で覚醒する中間覚醒を行い、追加攻撃を出した後、見た目が全く同類の格闘を出す事が
1部の機体にのみ可能な模様。 現段階ではシグーとイージスが確認されている。