岡山縣(公)報 について 08/09/02 創設 08/09/04 加筆  

        DataBank 新設
 なに?
  国が 『官報』 を発行するように、各県が 『県報』 を発行しています。 岡山縣の場合(大正10年前後で言えば)、大正10年3月号までが 『岡山縣報』 で(103号まで月刊)で、大正10年4月8日号からが『岡山縣公報』で週刊(金曜日発行)です。
  103号を単純に遡及すると、総て月刊なら8年7月分で、「大正1年9月」 が1号です、実態と法令根拠について確認する必要が残ります。
  『報』 から 『公報』 に切り替わった法令根拠についても調べる必要がありますが、内容からも想像できるように、道路/河川 などにおいて、國と縣の分担が確立する第二の時期にあったといえます。 (第一期は明治20年ごろ)

 どんな?

   前者は原則・一段組み/後者は2段組み で、当時の山陽新報社の扱いです。 拾い活字の時代であったことは議論の余地はありませんが、活字が横向いている誤植があるのは愛嬌です。 版サイズは、筆者は電子複写版にしか接していないので、見開きA4版と理解しています。 が、 往時、A版系列は一般的でありませんから、実物/純正レプリカを調べる必要は残ります。

 どこで?   
  どこで、どんなものを見ることができるかについては、筆者の事前調査は不充分ですが、最初の手掛かりを県立図書館で得ることが出来ます。 推測では、県記録資料館/市図書館(中央)でも事情は大差がないと考えます。
  県立図書館が、一般の需めに応じるものは、上記・見開きA4版電子複写物(アナログ紙媒体)です。 訊いたところでは、電子活字化/電子映像化/リスト(目次版)の映像化/DB化 などの作業はなされていません。 底本は公的保存物でなく (原本や保存用見本は焼失したと推測され)、「野崎版」=塩田王の野崎家蔵に依ると思われます。
  野崎版の現物(つまり、一般頒布物)の綴りがどこにあるかは追求中です。

===
 何がしたいの? 何が判ったの?   
  まず、この時期(狭めて大正9~13年)の道路整備状況を確認したいのです。 ひとつは、「縣道」 の制定(認定)で、も一つは 「道路元標(大正)」 の存在位置の公示物を確認することです。(幾つかの県で、詳細なリストが告示されています)
  結論的には、T12~13年の記録に接していませんが、今のところ「元標リスト」 は得ていません。 

  「縣道リスト」 (告示186号T9.4.1)は、『縣報』 の93号(T9年4月号)p569~で遭遇できました。 「縣道リスト」 に関しては、全国規模でHPを作成してる人がありますし、岡山縣についても、ほぼ、復元されているようですが、さらに細かい検討ができます。 T9年縣道認定リスト [画像版]

  「縣費負担河川港湾」のリスト(告示203号T10.4.1=縣公報1号・号外P22~)は有意義な代物です。 往時の財政負担状況が判るだけでなく、どのような河川港湾に社会的/政治的/軍事的注目がなされたかがわかります。 T10年河川港湾リスト

  「往時の市町村の変遷」 については、インターネット空間に別の労作がありますが、差分表示では、各時点での切り口を見ることは困難です。
  『縣(公)報』 には、各年度の縣税の課税「税区等級」表が公示されています。  郡別に表示され、九等地までありますから、(格差の存在を容認してはいけませんが)、県や当事者の判断における、「都会度」 が想像されます。
  言うまでもなく、別の使い道 : 『大正・道路元標』 リスト(位置は不詳)に代用できそうです。   T11市町村リスト