超能力・戦闘用生体兵器


  • 「HRP(ヒューマン・レボルーション・プロジェクト)」
人間にはどの程度の潜在能力があるか。
また、それをどれだけ引き出せるか?の考えの下、
ある大学の教授、企業の社長の道楽によって始められたプロジェクト。
「心」「身体」「気」の仕組みと構造を研究し、
特に「身体心理現象」「超常現象」の作用を取り組んでいた。
データの収集や研究から「心」や「気」が、
周囲や人体にどの影響を与えるかが解りはじめ、
やがて企業の研究員達も参加し、本格的に活動を行うようになる。
ちなみにナリアとリリィ、ネネはこの施設で生まれ育った。

  • 「戦闘用生体兵器」
HRPから発展し研究が始められたプロジェクト。
戦闘プログラムや制御思考装置を誕生前に刷り込み、
誕生後も多くの調整がされ、幾つもの試作品が生み出された。
しかし感情が乏しく他人の痛みが分からない試作品は、
何時の日か自分達を「優秀な種だ」と思い始めた。
彼等は研究所を脱出し世界を支配した後、劣等種である人類を統制し、
下らない争いや権力闘争を終わらせてやろうと考えていたのだ。
彼等は研究員に気付かれない内に制御装置、自爆装置、緊急停止装置を予め封じ、
暴走を起こし研究所を占拠したが、連邦軍の大隊に脱出まであと一歩という所で防止される。

試作品は廃棄処分されたが、一部の試作品は行方不明。傭兵ギルドが暗躍していると噂される。
ラティアラも試作品の一人だが、ある研究員によって無事に脱出する事が出来た。
残ったサンプルは冷凍睡眠で保管されており、簡単に脱出する事は出来ない。
現在では全世界で「戦闘用生体兵器」の製造を禁止している。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー