※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本項目では、羅刹 -Alternative-のMission 17 失環と、羅刹の小説であるミッシング・リング(Missing ring)について記述します。
失環はミッシング・リングが元になっています。
失環についてのみ知りたい方は、 注意 と、 Mission 17 失環 の必要な部分だけを読んで下さい。

注意

失環と元になったミッシング・リングでは設定には違いがあります。
また、ミッシング・リングはゲームに付いていた作品であるため羅刹製作スタッフ公認のものではあっても、その設定や描写が100%正しいとは限りません。
例えば、ミッシング・リングに生体装甲を着る場面がありますが、それが羅刹製作スタッフのイメージそのままなのか、それともこういう羅刹の描写も良いよねという事なのかは制作スタッフにしか分かりません。

Mission 17 失環

・トリット艦爆発の原因
トリット兵がトリット艦(特務艦)の動力炉を細工し自爆させた。
理由は、トリット艦がアメーバのような生命体(ヴァダー)に汚染されたため、この汚染された艦を残すわけにはいかないと判断した。
トリットはヴァダーをサンプルとして捕らえたが、トリットの艦隊はヴァダーに汚染されてしまい、殆どのトリット艦が沈められた。
トリット艦は爆発すれば只でさえ、大きな衝撃を与える。
動力炉を臨界まで稼働させた上で自爆させたら、その威力は何倍にもなる。

・「トリット艦が突然現れた」のは何故か
トリットの持つ次元門が宇宙に隠されていた。その為、次元門を通ったトリット艦が、「何も無い宇宙空間に突然現れた」ように人類からは見えた。
トリットは次元門を使い、他の次元からこの宇宙へやってくる。
人類にとって確認されている次元門は惑星X02にあるもの(人類とトリットが遭遇する切っ掛けとなったゲート)と、移民協定により人類の使用が許可されたいくつかのものだけである。
管理は全てトリットが行い、人類は直接構造を調べる権利もないブラックボックスである。
その他の次元門は全て隠蔽されており、人類のセンサーで見つけるのは困難である。


・事件の調査について
爆発の原因は不明であるというのがギルドの見解である。
共同体は爆発のあったD03惑星付近を汚染地域として立ち入り禁止区域に指定し、自然風化を待って有耶無耶にされた。
爆発のあった近辺である惑星D03には、調査する価値がないと判断されたが、爆発から一年後に傭兵ギルドは調査隊をD03へ派遣した。
この調査隊は消息を絶ってしまい、この事実をギルドは隠蔽した。

【詳細】
共同体はギルドの手を借りたD03完全封鎖を行ったため、地球連邦もディック惑星連合も調査は出来なかった。
その内、巨額の費用を投じて情報収集する価値はD03には無いと判断された。
厳密には、トリット艦が惑星D03に一度墜落したときに地球連邦は調査部隊を密かに派遣していた為、トリット艦が惑星から離脱したこと突き止めたからである(この離脱後にトリット艦は次元門を通り爆発)。
その情報は、リークか何かでディック惑星連合も知ることとなった。

惑星D03への調査隊派遣を依頼した者は、ギルド内部に深く関わっている者だという噂である。
その調査隊は、ギルドでナンバーワンと言われる頭が率いていたが、調査隊は消息を絶ってしまった。

精鋭が消息を絶ったことはギルドにとって衝撃だったが、傭兵の評価低下を恐れギルドはこの事実を隠蔽した。
惑星D03は今も封印されたままである。

・ミッシング・リングを踏まえたゲームでの失環の流れ
次のように考えられると思います。
1.トリットはヴァダーをサンプルとして捕らえる。
2.複数の船内でトリットとヴァダーが戦いトリットの生存が絶望的になる。
3.その内の1艦が惑星D03に落下し、地球連邦は傭兵を使いD03の調査を開始。
4.その1艦が宇宙空間にある次元門を通って他の宙域に移動。
5.ギルドから主人公の傭兵団に艦内の調査依頼
6.主人公達が艦に突入すると、主人公達がトリット兵士の一人に会う。
 大体遅くともこのあたりの時間になれば、動力源を細工に行った別のトリット兵は戦死してしまう。
7.主人公達の脱出後、トリット艦は爆発。
8.惑星D03の閉鎖。
9.1年後、ギルドから惑星D03への調査隊の派遣。
10.調査隊の失踪。

・ミルフィーナ雇用状態でプレイしたときの任務中の話の変化について
ミルフィーナを雇用状態で失環をプレイすると任務中の話が少し変化します。
脱出経路が誰にも分からない為、アルティノが連邦のシステムにハッキングし、ルナとアルティノでサイダイブしてメルトダウンを止めるので、その間にお頭は出口を探します。
未確認生命体が出している信号が邪魔なので5,6体ほど排除してと言われます。
離脱ポイント到達と共に爆発の解除が出来たと言われます。
ただし、爆発があったものとしてその後の物語は進行します。

・その他
争った形跡については、想像できるようにトリットとヴァダーが戦ったものである。

ミッシング・リングとは何か

2002年10月18日に発売した羅刹斬にオマケとしてついていた小説(単体では非売)です。
作者は、作家の篠崎砂美氏です。
羅刹と羅刹斬を元に書かれ、羅刹と羅刹斬の内容(MissionとMission X)を繋げるためのオリジナルストーリーになっています。
ミッシング・リングの内容は、地球連邦軍の中の急進派にスパイ容疑で捕らえられたミルフィーナの救出作戦を地球連邦軍と行い、その任務中に突如現れたトリット艦の調査を行うというものです。
その後2005年10月13日に発売された羅刹 -Alternative-では、ミッシング・リング後半のトリット艦の調査に少し設定に手を加え失環として収録されています。

ミッシング・リングのあらすじ

ギルドから傭兵団のお頭セラに、緊急の依頼が入ってきた。

依頼内容はセラの下にいたこともある傭兵ミルフィーナの救出である。ミルフィーナはスパイ容疑で地球連邦軍の急進派に拘束された。
犯人グループは連邦議会が連合と結んだ休戦協定が気に入らないので、新たな戦争の口実を作りたい。それは、ミルフィーナは地球連邦に対するスパイであり、ホライズン共同体はミルフィーナを使いさらなる破壊工作を画策している・・・というものである。
連邦軍の上層部は急進派に拉致されたミルフィーナを無事に救出し、連邦は被害者である兵士の命は必ず守ると宣伝したい。

セラは地球連邦軍との共同作戦によりミルフィーナを無事に救出したが、その作戦の最中に謎のトリット艦がいた。トリットは人類の戦いについては一応中立になっているはずであり、トリット艦がいたのは不可解であった。
トリット艦が戦わずに逃走したため、ギルドからはセラの傭兵団単独での追跡を新たに依頼された。

追跡中に次元門(トリットのゲートのようなもの)に偶然接触してしまい、惑星D03のトリット艦の上に突き刺さる形で落下した。
そのトリット艦に入ると中は争った形跡があった。生き残ったトリット兵によるとサンプルの為に捕らえたヴァダーに艦は汚染された。トリット艦を仕方なく爆発させる為動力に細工済みであるという。
セラは、動力が動いているなら、この艦は飛べるのではないかと考えた。

生き残りのトリット兵と共闘しながら、ブリッジに到着しトリット艦を宇宙空間へ飛ばす。
トリット兵は犠牲となってしまったが、シャトルでトリット艦から脱出したセラ達はギルドの艦に回収され、その直後にトリット艦は大爆発を起こした。
シャトルは制御を失い危険な状態になったが、セラがぎりぎりのところで安定状態にした。

惑星D03での大惨事については公式見解は出ていない。
惑星上での人や偶然近くを通っていた人の人的被害のみが出ている。
ブレインバグのデータの初期化や体内インプラントデータ破壊、記憶の欠損が症状として挙げられる。間接的な死亡者もいた。
この件の調査には地球連邦もディック惑星連合も手をこまねいていたわけでは無いが、ホライズン共同体はギルドの手を借りた惑星閉鎖により容易に手が出せなくなっている。
そのうち巨額の費用を投じてまで情報収集をする価値は無いと判断されたため、調査からはどの勢力も手を引くこととなった。

一年後、傭兵ギルド密かに惑星D03へ調査隊を派遣した。その調査隊は、ギルドでナンバーワンと言われる頭が率いていたが、調査隊は消息を絶ってしまった。
精鋭が消息を絶ったことはギルドにとって衝撃だったが、ギルドの傭兵の評価低下を恐れギルドはこの事実を隠蔽した。
惑星D03は今も封印されたままである。

ミッシング・リングでの設定や特徴

・亜美にメイド服を着せたのはスタンシア。理由は可愛いから。

・生体装甲の装着について
生体装甲を着たままでも生体装甲の装着は一応可能である。
しかし、その時生体装甲と装備車とのリンクを阻害する。
生物細胞として人間と一体化する生体装甲は、コスチュームによって、肌と装甲の接触面積が減ると効率が落ちる。

だが、生物的に同化する性質上、接触面積が多いほど今度は装甲と肌の癒着より分離が難しくなる。
それを緩和するため、通常は神経束を通す薄いボディスーツで全身を包み込む。

もともと生体装甲と人体との結合部分は、神経繊維とそれを保護する繊維状組織に満たされた空間となっている。
これらの繊維空間が、戦闘時の衝撃鑑賞の働きもこなしている。
生体装甲を外すときは、ボディスーツの素材がそれら組織を融解させ、皮膚の表皮を損なうこと無く、生体装甲と人体を分離させる。
この場合は、皮膚から体内に進入した神経束は、細胞崩壊して体組織に吸収されるか老廃物として排出させる。


・アンチインパクトなどの防御系装備の仕組み
生体装甲は、対各種攻撃用の特殊構造物質を、生体装甲装着時に取り込むことで、外骨格装甲の下にあたる部分を特殊変化させ、攻撃を緩衝している。

・生体装甲には生体装甲で応戦、生体装甲を纏っていない兵士についてはモスキートジャマーで麻痺させ無力化した。

・ミルフィーナの実戦経験と扱いについて
羅刹 -Alternative-ではミルフィーナの実戦経験がなさそうだ、連邦のお払い箱のようだとアルティノは言っている。
小説ではミルフィーナ実戦経験者であり、平均的な能力を持つとお頭セラに評されている。
また、小説では拘束されたミルフィーナを無事に救出したい考えが地球連邦にはある。連邦は兵士の味方であると宣伝したいためである。


・PC版羅刹の奇抜なファッションについて
戦闘に関する規律以外は自由な傭兵は好き勝手なファッションに身を包んでいた。
この時代、生物機械的な肉体改造は日常のことで、外見上の特徴はあまり意味をなさない。
そのため、カオス的なモチーフの混在がデザインとしてもてはやされている。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー