you遊のいろいろ8アミの失踪完


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今から7年前の12月1日の事、アミが店に来ない。どうせ麻雀でもやって寝坊しているんだろうと思ったがとうとう来なかった。無断欠勤する男ではない。店が終わってからすぐにアミの家に向かったがいない。自転車だけが部屋に仕舞ってあった。「ヤバイ」咄嗟に思った。内緒の借金でもあって、マグロ漁船に乗せられたかと、真剣に悩んだ。次の日も朝一番でアミの部屋に行ったら、自転車が無かった。凄く安心した。ひとまずさらわれている可能性はなくなった。パチンコ屋、雀荘などアミが立ち寄りそうな場所は、全部探したが見つからない。自転車が無いので前に働いていた新聞屋さんに戻ったと思い、朝3時から4日間張り込んだが姿は無かった。(アミは原付の免許に5回挑戦したが結果は惨敗だった。自転車で新聞を配っていた。)普通は大人がいなくなってもわざわざ探す事などしないが、アミだけに何をしでかしているか心配だった。ついに捜索願いを出し、長崎の親御さんにも連絡を入れた。やっと吉報が入った。12月24日クリスマスイブの日に、長崎の実家に帰ってきたと連絡が入った。本当に安心した。最高のクリスマスプレゼント?だった。迷惑をかけたとお母さんが店にわざわざ来てくれた。アミも一緒に来た。聞くと11月30日に帰ったら酔っ払いにボコボコにされ怖くて逃げ帰ったそうだ。帰るのにこんなに時間がかかったのは、自転車で帰ったからだ。僕の読みは全てはずれていた。さすがはアミだ。その費用はトラックに轢かれた時の示談金だった。今は何をしているかは全く分からない。このアミと花○の社長は僕の中ではずせない思い出だ。また次回に。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp