T氏との再会

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3年ほど経ってバックバー(ボトルが並んでる棚)とカウンターができ、お一人様が少しずついらっしゃるようになりました。ある日、カウンターに男性が一名ご来店。ここではT氏としておきます。しばらくT氏と話をしていると、「大学生のときに一緒に飲んだよね。」とポーカーフェイスでぽつり。
「はぁ!?またまたぁ。」まったく記憶にない私は冗談だと思って軽く流していました。その後もいらっしゃる度にそんな話がでて、いろいろ話を聞いていると、いっしょに飲んだという店は私も知ってるし、ゼミの教授のことも知ってるし、「本当かも…」と思うようになりました。しばらくして、ゼミ友達のゆかちゃんの話をしたとき、
「そうそう、ゆかちゃん、一緒に飲んだよ!!彼女に聞けばわかる。」とT氏に言われ、ゆかちゃんに聞いてみると、
「あぁ、そんなことあった、あった。ゼミの先輩と4人で飲んだよ。」と即答。
私の記憶ってどうなっちゃってるの!?Tさん、ずっと疑っててごめんなさいでした。
つい最近も同じようなこと(もっとひどい…)がありました。
この前、高校の時の友達がお店にきてくれました。昔話に花が咲いて、「文化祭のときに映画撮ったよね。」って話になって、私がヒロイン、とおるくんが相手役、金沢八景の駅で撮影したとか、こまごまと説明してくれましたが、私の記憶にはかけらも残ってません。どう言う事!?結果的に映画なんて呼べる代物ではなかったらしいけど、それにしても、そうそうあることじゃない非日常的な出来事ですよね。なんでそんな事忘れるの!!脳に異常ありかも。自分が恐いよぉ。まだまだ私の知らない私の記憶がありそうです…。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp