ストロベリーサワー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 今日は第2木曜日、エリブログです。
初めて男の子と二人でお酒を飲みに行った時のお話をしましょう。
 あれは、20年ほど前のある日、まだ携帯もポケベルも私には遠い存在だった頃、高校のひとつ下の男の子から電話がかかってきました。その子とは特に何のつながりもなかったので、今考えると不思議ですが、飲みに行こうということになり、ムラサキという居酒屋にいきました。
 二人でテーブルにつき、注文を聞いてきたお姉さんに、「生ビールと…」と私が言うと、彼は「ストロベリーサワー!」。
 「なにぃっ!!?」
 「男がストロベリーサワーとは何事!?ライムとかレモンとかあるじゃない!!何でよりによってイチゴなの!?」
 彼はラグビー部のイケメンだっただけに勝手にイメージしていた私はがっかりし、その後の会話は何の話をしたか覚えてないけど、盛り上がらなかったのは言うまでもありません。

 就職してしばらくした時もこんなことがありました。
会社の先輩に飲みに誘われて、横浜、中華街にあるバー、ウィンドジャマーに行きました。まだバーとかあまり知らなかった私には、生ジャズバンドが入った老舗バー、お客様はカップルばかり、ほんのり暗い店内、とっても大人な雰囲気にのまれそうになっていました。「何飲む?」と聞かれ、「分からないので何か頼んでください!」(今の私からは想像できないでしょうが、こんな可愛い頃もあったのです)、と彼にお任せしました。彼はジントニック、私はフレンチ75というジンフィズのソーダをシャンパンに変えたものでした。一杯目を飲み干し、二杯目、三杯目とのんでいたのですが、ふと気がつくと彼はまだ一杯目。ちびちびやってる、といった感じ。「飲まないんですか?」と聞くと、「実はドクターストップかかってるんだよね~」
 「なにぃっ!?」
 「飲めないのに誘うんじゃない!!」
 とりあえずごちそうになっておきましたが、私を誘ってくれる人はどうしてこうなの、と泣きそうになりました。その後の話もあるのですが、また次の機会に別枠でお話します。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp