パワパーク@Wiki ロッテ他チーム解析(第210回台)


ロッテ他チーム解析

他チームの状況と対戦するときに気を付けるべき投手についてのページ

通算の訪問者 : -
今日の訪問者 : -
昨日の訪問者 : -

過去の他チーム解析ページ


第210回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 戦力維持が厳しい状態にある。若手選手の踏ん張りが鍵となる。
ソフトバンク 戦力低下が目立ち始めた。黄金期もじきに崩れるだろう。
西武 良くない意味での選手入れ替えが激しい様子。上位に食い込むのは厳しくみえる。
オリックス 他チームの戦力低下と自チームの向上により今後の優勝争いに名を上げる。
日本ハム 投手力の衰えを打撃でカバーするチーム。まだまだ優勝候補として君臨するだろう。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 上杉克也 全てにおいて最高クラスの能力を誇る投手。
ソフトバンク 大隣憲司 超特能を取得し更なる成績向上を目指している。だれさき投手も要注意。
西武 コスギⅤ 能力劣化が酷くなる時期でも防御率1点台と好成績。その他の面では衰えを隠せずにいる。
オリックス moemoe 今後さらに衰えていく時期だが制球力は抜群。
日本ハム 山本昌 あるしゃーびん投手に並んで脅威の人物。変化球のキレは一流品。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 ゴースト 新規入団選手であり能力は低め。
ソフトバンク ハビース それほど能力は悪くは無いがキレ×がどう影響するかによる。
西武 神風 能力は少しずつ成長してはいるが成績があまり良くない様子。
オリックス 烏龍茶 制球力は中々のものだが成績伸び悩み中。今季振り切れるか。
日本ハム munemitsu 1年目から制球はあるものの、低速球なうえキレ×と厳しい様子。


第211回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 抜け目のないチーム。先発が微妙に不足気味だがAクラスは圏内だろう。
ソフトバンク 怪物級選手も引退が近づき本格的な世代交代と同時に大幅な戦力低下が訪れている。
西武 主力選手が少なく半分以上は若手。中でも投手はエース級選手が一人孤軍奮闘。
オリックス 此方もソフトバンクと似たような状況である。Aクラスに入り込む力がなくなってきている。
日本ハム 相変わらずの実力を誇るチームだがそろそろ高齢化が目立つ。戦力が綺麗に揃いすぎたともいえる。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 上杉克也 ノビの良い直球を持ち、変化球のキレも一級品。非の打ち所が無い。
ソフトバンク 大隣憲司
だれさき
19年目の大ベテラン。兄弟のような存在の為あえて二選手選考。どちらも脅威。
西武 龍輝 パリーグでは珍しいパーム一球種投手。制球スタミナが非常に高いので極力避けたい相手。
オリックス 楯岡藍子 ピンチにこそ弱いが直球の威力は凄まじいもの。
日本ハム あるしゃーびん 能力こそ随分と衰えたが特能の数は豊富。だが先発としては厳しいようだ。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 宮条 7年目の名無し化投手。変化球は厳しいが狙いやすい投手だといえる。
ソフトバンク カゲロウMk=2 変化球は良い。スタミナF+ピンチ×はカモにされやすいかも知れない。
西武 フィリップ 制球Eはもはや戦力外コースに繋がってしまいそう。
オリックス 制球低めでトルネード投法はリスクが大きいと思われる。
日本ハム Victry 全体的に中途半端な気がする投手。今の投手陣の中では一番狙いやすい。


第212回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 打率4割越えや200本安打達成打者がおり攻撃面は強力。中継ぎ抑えに難あり。
ソフトバンク 戦力となっていた選手が離れていきチーム力の衰退が目立つ。もはや時間の問題だろうか。
西武 Bクラスを彷徨っている。戦力が揃わないのはつらい。
オリックス 投手があまり機能していないように見える。野手は上位打線が手強い。
日本ハム 投手は崩れ始めた感じがするが、打線は相変わらずの強さを誇る。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 上杉克也 劣化が激しくなる歳だが特能でしっかりカバー。決め球のキレも良く極力対戦を避けたい相手。
ソフトバンク だれさき 衰えが隠せずに居ながらも防御率は2点台をキープ。
西武 龍輝 低迷しているチームを支える投手。変化球一球種でも侮れない。
オリックス 楯岡藍子 今季から超特能を備え成績向上に期待のかかる投手。
日本ハム まさと これから衰えていく時期だが安定した投球をみせる。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 辛島航 先発だがスタミナが低い。体力切れになった時が攻めどころ。
ソフトバンク カゲロウMk=2 スタミナが低く中継ぎでも厳しい様子。変化球は複数所持している為今後に警戒。
西武 フィリップ 制球が低くキレ×持ち。成績向上に期待を持ちづらい選手。
オリックス 制球にやや難ありといったところ。トルネード投法が裏手に出ただろうか。
日本ハム Ellen 名無し投手。制球Bで150kmの速球を投げるがノビ×を持っている残念な投手。


第214回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 野手は攻守万能な選手が集まり投手側も成長の良い選手が多い。
ソフトバンク 投手大国と言われていただけあってか投手の成長が著しい。関係ないかも知れないが。
西武 野手は主力選手が増え始めた。投手が若干スローペースな感じ。
オリックス ベテラン選手の引退等で戦力が低下。若手が今季多く入っているので暫くは育成期間となるか。
日本ハム 今までの常勝球団がまさかのWiki評価DでBADなオフを迎えた球団。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 上杉克也 プロ19年目の立派なベテラン。技巧派な投球が特徴。
ソフトバンク ドリーム7 劣化の関係もあり能力は良いとは言えないが超特能を取得している。
西武 原田巧 抑えとして活躍していた選手も先発へ。剛速球を投げる。
オリックス 楯岡藍子 パーム一球種のシンプルな投手。豊富な特能で見た目以上の実力を発揮。
日本ハム ノームデュー スタミナ制球が非常に高い。実績はこれから。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 陶器 スタミナの低い先発投手。試合中盤辺りで攻撃を仕掛けられるかが勝敗の鍵。
ソフトバンク カゲロウMk=2 それほど能力は悪くは無いが入団当初から成績不振の様子。
西武 Raikyo 1年目の選手なので仕方ないが1年目だからこそ狙い目。
オリックス 全角1文字まで チーム状況により能力不足だが先発を任されている。
日本ハム まさと 制球が物足りない。キレ×の影響もあり厳しい。


第216回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 投手は比較的実力のある方だと見える。野手は上位打線に気をつけるべき。
ソフトバンク 今までのような投手力のあるチームから打撃力のあるチームへ変わっている。
西武 一人が何人分もの活躍をする選手が多く投手全員が多彩な変化球を持つ。数季後が恐ろしくなりそうだ。
オリックス 打撃は良い感じに見えるが守備が若干手薄なのと投手がほぼ若手揃い。
日本ハム 名無し大国日本ハム。有人が野手投手各1人ずつしかいない。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 上杉克也 特能の数がかなり多い。21年目選手とはいえ注意が必要。
ソフトバンク ドリーム7 特能の豊富さからして一番警戒するべき投手。
西武 原田巧 剛速球にキレのあるパームを投げる。
オリックス 楯岡藍子 能力は平凡なものに衰えてしまったが安定した成績は変わらず。
日本ハム ---- 注意するべき投手が居ない。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 野中健太郎 ルーキー投手。制球が高いとはいえ投法と能力が噛み合ってない様子。
ソフトバンク れお 1年目の投手で3球種持ちだがキレ×所持。
西武 樋口拓海 名無し投手。変化量が低いので安打をしやすそうな相手。
オリックス ユウタⅧ 将来性のある先発だがシュート一球種のみと現時点では成績を期待出来ない。
日本ハム リトル 名無しの中でも成績の厳しそうな投手を選んだ。


第217回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 野手の1,2番ロケットコンビは注意。その後のクリーンナップも強力。
ソフトバンク ここ数年で打撃成績は上がり全体的に成長が早い。今後の傾向が気になるチーム。
西武 波に乗り出したところでチームの中心、秋山幸二選手が移籍。西武にとってはかなり痛い出来事。
オリックス wiki管理をしっかりしていなかった為選手能力が全体的に低め。今後の行い次第で強くなるだろう。
日本ハム かつての栄光が見事に崩れていったチームを立て直そうと助っ人達が集まってきた。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 上杉克也 年数が経つにつれて成績は落ちてはいるが油断してはならない投手。
ソフトバンク 杉内3 成長しきってはいないが155kmのノビのある速球は気をつけなければならない。
西武 原田巧 昨季は23勝と大きく貢献したエース。なるべく対戦を避けるようにしたい。
オリックス 楯岡藍子 チーム内でもただ一人大きく勝ち越している投手。衰えてはいるが今季も警戒すべき相手。
日本ハム ノームデュー かつて活躍しており超特能を取得、今後に期待がもてた矢先名無し化した。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 野中健太郎 スローカーブ一球種のみの若手中継ぎ投手。
ソフトバンク れお 若い先発。1年目中継ぎで15勝をあげていたが防御率が悲惨だった。
西武 不感の王 基礎能力は悪くなく成長の可能性を秘めているが成績は低い。
オリックス 有藤茂樹 3年目で制球Aは素晴らしいが球速、変化球が欠点。
日本ハム 土屋健二 1年目のルーキー投手。新しい日ハムの主力として期待されるが今は成績に期待出来ない。


第218回

他チーム考察
チーム名 短評
楽天 名無し化やベテランの引退でチーム力がかなり落ちてしまった。今は若手の成長を見守るしかないだろう。
ソフトバンク 投手の成長の早さが恐ろしい。再び投手大国として君臨するのだろうか。勿論野手も強い。
西武 唯一先発評価Aのチーム。評価に相応しい成績を残せるのか。野手は桑原選手が中心となる上位打線に警戒。
オリックス 活躍している選手は僅か数名。やはりwikiの影響が大きく若手の成長も伸び悩み気味。
日本ハム 助っ人たちの協力や中継ぎ回しの戦法で見事CS出場、さらに優勝という快挙を成し遂げた。一人一人の存在が大きいということが分かる。

他チーム要注意投手
チーム名 選手名 短評
楽天 陶器 この選手は将来的に伸びそうな予感。制球の高さと速球は一級品。
ソフトバンク 杉内3 現エースとしてチーム内1位タイの14勝を飾りチームを引っ張った。若干不完全な部分もある。
西武 原田巧 各タイトルを複数獲得した選手も昨季は負け越し。だが防御率は悪くなく衰えたわけではないので注意。
オリックス 楯岡藍子 歳などお構いなしに防御率1点台。最下位にならないのもこの選手のおかげだろう。
日本ハム ノームデュー 黄金時代に活躍していた選手というだけあって名無しでも防御率2点台と奮起した。

他チーム狙い目投手
チーム名 選手名 短評
楽天 野中健太郎 制球は高いのだが素の能力が低い。
ソフトバンク れお 若い先発。キレ×が効いているのか成績が悪い。
西武 てんぷら 名無し投手。威圧感持ちなので昨季は狙い目から外したが良い成績ではなかった。
オリックス 有藤茂樹 低速球なうえ変化量も少ない。打たれるのも無理はないかもしれない。
日本ハム ALKIN 悪くない能力で将来性のあるルーキー投手。

最終更新日時: 2009年01月27日 22時17分20秒
編集者: 
  • Ganju         (最終更新時期:第220回/更新箇所:ページ保存)