鳥江亭 書き下し

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

是に於いて項王乃ち東のかた烏江を渡らんと欲す。
烏江の亭長、船を○して待つ。
項王に謂ひて曰はく、
「江東小なりと雖も、地は方千里、衆は数十万人、亦た王たるに足るなり。
願はくは大王急ぎ渡れ。
今独り臣のみ船有り。
漢軍至るも、以て渡る無し。」と。
項王笑ひて曰はく、
「天の我を亡ぼすに、我何ぞ渡ることを為さん。且つ籍江東の子弟八千人と、江を渡りて西す。今一人の還るもの無し。縦ひ江東の父兄憐れみて我を王とすとも、我何の面目ありて之に見えん。縦ひ彼言はずとも、籍独り心に愧ぢざらんや。」と。
乃ち亭長に謂ひて曰はく、
「吾公の長者たるを知る。吾此の馬に騎すること五歳、当たる所敵無し。嘗て一日に行くこと千里なり。之を殺すに忍びず。以て公に賜はん。」と。
乃ち騎をして皆馬を下りて歩行せしめ、短兵を持して接戦す。
独り籍の殺す所の漢軍、数百人なり。
項王の身も亦十余創を被る。
顧みるに漢の騎司馬呂馬童を見たり。
曰はく、
「若は吾が故人に非ずや。」と。
馬童之に面し、王翳に指して曰はく、
「此れ項王なり。」と。
項王乃ち曰はく、
「吾聞く、漢我が頭を千金・邑万戸に購ふ、と。
吾若の為に徳せしめん。」と。
乃ち自刎して死す。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|