978 :無名草子さん:2009/01/12(月) 11:37:57
新書だったら講談社の日暮吉延『東京裁判』あたりからはじめてはどうかな

980 :無名草子さん:2009/01/12(月) 11:41:53
日吉の東京裁判はかなり深く追求してるよね・・・新書なのに・・・

984 :無名草子さん:2009/01/12(月) 12:18:16
>>980
手軽に手に入る「東京裁判」本では現時点での決定版という感じがするね。
よほどマニアックに知りたいとかもっと研究したいとか、そういう人でなければあれ1冊読めば十分すぎると思う。

 

239 :無名草子さん:2009/01/16(金) 18:18:48
『東京裁判』は「歴史」より「法」のところに入れた方がいいですかね?


241 :無名草子さん:2009/01/16(金) 19:52:10
>>239
どちらにも当てはまるので微妙なところですが、サントリー学芸賞を「思想・歴史」部門で受賞してますし、
一般的には「歴史」という扱いでいいと思います。

 
⇒アマゾンリンク


[参考書籍]

児島襄 『東京裁判』上下(中公新書)

 

 2ch厨房が選ぶ新書ベスト @wiki
http://www1.atwiki.jp/test/pages/3774.html