669 :無名草子さん :2007/10/19(金) 00:49:51
コミュニタリアニズムは日本で誤解されている!
格差が広まる傾向は英米でも八〇年代以後強まっています。その思想的背景には最
小国家を溶く「リバタリアニズム」や市場(万能)主義を唱える「ネオリベラリズム」が
あります。わが国では、政治に対する思想の影響力を過小評価する傾向があります
が、このリバタリアニズムやネオリベラリズムは、小泉構造改革、「小さな政府」がめざ
したものとも重なります。
この点では、リバタリアニズムやネオリベラリズムを何よりも批判する英米の「現代
のコミュニタリアニズム」は、現在の日本においても有意義な思想です。実際、コミュニ
タリアニズムという政治思想は、現在の英米では、さまざまな政治理論や実際の
政治に対して影響を与えています。ところが、このコミュニタリアニズムに関して、
わが国では十分に知られていないか、誤解され、批判的に語られていることが多い
のです。――「はじめに」より

講談社現代新書 日本を蘇らせる政治思想
菊池理夫 著
定価:本体720円(税別) ●新書判/224頁 ISBN978-4-06-149875-4


670 :無名草子さん :2007/10/19(金) 00:57:21
コピペだと読んだ本人が感動したのかどうかわからんがな

672 :無名草子さん :2007/10/19(金) 01:37:30
>>669
この本自体はいいよ。
森村進の本と一緒に読んで欲しい。

674 :669 :2007/10/19(金) 14:53:25
宮崎哲弥もコミュニタリアンだってWikipediaに書いてあるから、「コミュニタリアニズムって何だ」と思って買った。

675 :無名草子さん :2007/10/19(金) 15:35:06
藤原保信もコミュタリアンだから「自由主義の再検討」の後に読むといいよね。

⇒アマゾンリンク