製作コンセプト

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ A.ターゲットについての考察

・A-1:想定ユーザー層はどんな層ですか?
(このTRPGシステムを遊ぶのはどのようなユーザーですか? 既存のユーザーの中ではどんなシステムや遊び方をしている人でしょうか?)
TVゲームの「スーパーロボット大戦」をプレイした経験のある方。
「スーパーロボット大戦」の雰囲気をTRPGで遊びたい方。
・A-2:何人くらいで遊ぶシステムになりますか?
(参加者の人数を、最大値と最小値、標準的な人数を)
GM1人、PL3~5人程度
・A-3:メンバーは固定ですか?
(いつも決まったメンバーで遊びますか? コンベンションなどの、「今知り合ったメンバー」でも遊びやすいような、導入やギミックは必要ですか?)
キャンペーンシナリオで固定メンバーの方が「スーパーロボット大戦」の再現はしやすいでしょう。
今知り合ったメンバーでもすぐ遊べるようにする工夫は考えようと思います。。
・A-4:どの程度TRPGなれしてるユーザーを対象としますか?
(初心者をメインターゲットに含めますか? であれば、専用のページを割く必要があるかもしれません)
「スーパーロボット大戦」をプレイしたことがあり、TRPGの経験も豊富というのがベストです。
TRPG初心者でこのゲームを遊ぶ場合は
最低限、TVゲームの「スーパーロボット大戦」がどういうゲームか知っているべきです。
・A-5:どんなプレイスタイルが好まれますか?
(ロールをメインにデザインしますか? ハック&スラッシュデザインにしますか? 戦闘の難易度はどういった好みのユーザーを想定しますか?)
キャラに為りきったロールプレイと(迫り来る敵をなぎ倒すのをハック&スラッシュと言うかはわかりませんが)戦闘がゲームのメインです。
戦闘の難易度はシナリオしだいでしょうが、ザコは弱く、ボスは強く。
・A-6:どういった場所で遊びますか?
(自宅、コンベンション。また、オンラインプレイを視野に含めますか?)
どれも視野に入れていますがオンラインで遊ぶのが当初からの目的のようです。
・A-7:どれくらいの時間をかけて遊びますか?
(一回の標準的なプレイ時間を想定してください)
 3時間~
・A-8:セッションはキャンペーンが前提ですか?
(モノセッションとキャンペーン、どちらがメインの遊び方ですか? レベルアップや経験値のシステムに影響します)
A-3で書いたとおりキャンペーンの方がメインになるでしょう。
・A-9:小道具の使用は好まれますか?
(サイコロ以外にカードやマップの使用を前提としたシステムは好まれますか? 今回のデザインではこういった要素をどうしましょうか?)
スクエアマップの使用を考えています。


■ B.重要視したいターゲット条件
・B-1:Aにおいて行った想定のうち、重要だと思われるもの二つを選んで記入してください。
<TVゲームの「スーパーロボット大戦」をプレイした経験がある>
<TRPG初心者でこのゲームを遊ぶ場合は
最低限、TVゲームの「スーパーロボット大戦」がどういうゲームか知っているべき>
・B-2:B-1でリストアップしたものに対する、基本的な対応方針を教えてください。
TVゲームの「スーパーロボット大戦」をやったことがあればすぐに理解できるルールにする。
TRPG初心者でも「スーパーロボット大戦」をやったことがあれば遊べるようにしたい。


■ C.テーマ
・C-1:この作品の面白い部分、今までのTRPGと違った部分あげてください。
(いくつでも構わないので、箇条書きにしてください。一つの箇条書きには複数の内容が含まれないようにしてください。すくなくとも8つはあげられるようにしてください)
ロボット同士の戦闘。ミリタリー色をなるべく減らしてライトな感じに。
キャラのなりきりがしやすいようなキャラ作成ルール。
戦闘での判定は「スーパーロボット大戦」をやったことがあるならすぐに分かるような形にする。
判定は複雑すぎず、あっけなさ過ぎずに。あらゆるロボットが再現できるユニット作成ルール。
爽快感を重視した戦闘。スパロボに出たことが無い作品のキャラも再現できるようにする。
「スーパーロボット大戦」の世界観の再現。
ロボに出たことが無い作品のキャラも再現できるようにする。

・C-3:C-2で並べなおした箇条書きを分類ししてください。
(箇条書きを見て【世界観】、【戦闘】、【セッション運営】、【キャラクター表現/ロール支援】、【サポート】の6つをあてはめてください)
【世界観】ミリタリー色をなるべく減らしてライトな感じに。「スーパーロボット大戦」の世界観の再現。
【戦闘】ロボット同士の戦闘。爽快感を重視した戦闘。判定は複雑すぎず、あっけなさ過ぎずに。
【キャラクター表現/ロール支援】あらゆるロボットが再現できるユニット作成ルール。キャラのなりきりがしやすいようなキャラ作成ルール。スパロボに出たことが無い作品のキャラも再現できるようにする。

・D-1:PC達はどのような立場の存在ですか?
(PC達の世界の中での位置はどうですか? どれくらいありふれた存在ですか? 戦闘力は突出していますか?)
軍の一兵士~選ばれたスーパーロボットのパイロットまで幅広く。
前者は志願すれば誰でもなれるくらいありふれた存在、後者は選ばれた存在ですから前者よりは希少でしょう。
しかし、前者より後者の方が能力的に優れているというわけではありません。
生身の場合、どちらも一般人と比べても戦闘力に大差はありません。
PC達と一般人の絶対的な違いは機動兵器に乗ることができる点です。
・D-2:PC達を取り巻く味方について教えてください。
(何らかの組織に属していますか? 味方は居ますか? 一般人からの反応はどうですか? 急速や補給などのサポートはどのように受けていますか?)
兵士なら軍に所属し、スパロボパイロットなら研究所に所属していることになるでしょう。
それぞれ、軍や研究所からサポートが受けられます。
どこからもサポートを受けない(受けられない)立場というのもあるでしょう。
脱走兵、スパロボパイロットということを隠して一般人として振舞っているなど。
そのへんはシステムで表現したいところです。
一般人からは基本的に友好的に見られています。
・D-3:PC達の目的を教えてください。
(何かを倒すことですか? 事件の解決ですか? ゲーム全体、キャンペーンレベル、セッションレベルごとに詳しく教えてください)
ゲーム全体では「世界の平和を守る」のが目的です。
PCごとに、「何かを守る(恋人、家族、スパロボの動力源の秘密など)」、「仇討ち」などの目的が考えられます。
最終的には「元凶である敵を倒す」という形になるでしょう。
・D-4:PC達の目的は、なぜ達成する必要があるのですか?
(世界的な問題ですか? それともPCの個人的な問題ですか? 組織の問題ですか? こういった違いを描写するシステムなどは必要ですか?)
>>D-3で書いたとおりです。
キャラの行動原理を決めるシステムは作りたいですね。

・D-5:PLを行ううえで、どんなところに楽しさがありますか?
(出来る限り細かく、箇条書きで考えてください。Cからもれている部分があれば、C-1に戻って混ぜた上で、Cを再検討してください)
既存のロボットアニメキャラになりきることができる。
自分の考えたオリジナルのキャラを表現できる。
好きなロボットでの戦闘を楽しめる。
(ロールプレイ抜きでも楽しめるSLG的な戦闘)←これは無くても良いです。
・D-6:目的を達成するための障害を考え付く限り教えてください。
(いくつでも構わないので、箇条書きにしてください。一つの箇条書きには複数の内容が含まれないようにしてください。すくなくとも8つはあげられるようにしてください)
ライバルキャラ。数で押してくるザコ敵。
敵に操られた味方。味方の行動を不能にする敵の特殊兵器。
敵の基地への侵入を阻止。味方の不得意な水中から襲ってくる敵。
敵基地内で人質の捕まっている部屋を探す。
軍の上層部で決められた不自然な休戦協定。核ミサイルのMAP端到達を阻止。
規定ターンまでに脱出。二体のボスを同一ターンで撃墜。


・D-7:D-6で挙げられた項目を、分類してください。
(まず、「積極的にPCを妨害する存在」と「ほかの存在にとっても危険(野獣や危険なダンジョン)」に分類してください。
 さらに、「PCの最終目的を妨害する存在」(以降【敵】)とそれ以外にも分類してください。また、セッション中の脅威度をABCの三段階で評価してください)
・敵メカの暴力。
 敵の新兵器(例:味方の行動を不能にする敵の特殊兵器)
 ライバルキャラ
 数で押してくるザコ敵
 特殊能力を持つ敵(例:味方の不得意な水中から襲ってくる敵)
 [他の存在にとっても危険][敵][A]
・味方ロボの不具合(例:劣悪な補給・整備環境、動力に用いるエネルギーの暴走)
 [積極的にPCを妨害する存在][敵以外][B]
・人質
 [積極的にPCを妨害する存在][敵以外][B]
・味方(仲間)の独走(例:敵に操られた味方。暴徒化した民衆)
 [積極的にPCを妨害する存在][敵以外][B]
・現場を理解しない上層部(例:軍の上層部で決められた不自然な休戦協定)
 [積極的にPCを妨害する存在][敵以外][C]
・ヒロインが実は敵側。ヒロインが実は敵役。敵が実はヒロイン。
 [積極的にPCを妨害する存在][敵以外][B]
・破壊工作/スパイの潜入(例:敵の基地への侵入を阻止)
 [他の存在にとっても危険][敵][B]
・ミッション上の制約
 敵基地内で人質の捕まっている部屋を探す。
 核ミサイルのMAP端到達を阻止。
 規定ターンまでに脱出。
 二体のボスを同一ターンで撃墜。
 [積極的にPCを妨害する存在][敵以外][A~C]



■ E.世界観2
・E-1:世界についておしえてください1。
(PC達とは無縁な世界について教えてください。地理、歴史、特殊な技術(魔法など含む)、政治、文化、生態系(特殊な生物含む)、戦争のあり方、豊かさなど)
人類は生活圏を宇宙にまでのばし(コロニー、月面都市)、外宇宙の調査にまで乗り出し、巨大人型ロボットを作るほどの技術を持っている。しかし、人類の大半はいまだに地球上で生活している。
地球は「地球連邦」が管理していて現代より国家間の壁は低い。言語も統一されているようだ。
地球は様々な敵に狙われている。多くの異星人を初め、地底人、同じ人類の中にも世界制服を狙っているものがいる、果ては異次元からの侵略者まで。それに対抗するため地球連邦や各地の研究所が人型兵器を開発している。
人型兵器の動力は核融合から未知のエネルギーまで様々である。
遺跡などから古代人の作った兵器が発掘されることも多い。

・E-2:世界についておしえてください2。
(現代の日本と違う点について、E-1を参考にしながら、箇条書きにしてください。一つの箇条書きには複数の内容が含まれないようにしてください。すくなくとも16はあげられるようにしてください)
人類は生活圏を宇宙にまでのばしている(コロニー、月面都市)。
外宇宙の調査に乗り出している。
人類は巨大人型ロボットを作るほどの技術を持っている。
地球は「地球連邦」が管理している。
言語が統一されている。
地球は様々な敵に狙われている。
多くの異星人が地球にやってくる。
地底人がいる。
異次元からの侵略者がいる。
世界制服を狙っている人がいる。
地球連邦や各地の研究所が人型兵器を開発している。
遺跡などから古代人の作った兵器が発掘される

・E-3:E-2であげられているものの中で、重要だと思われる点を4つ上げてください。
人類は生活圏を宇宙にまでのばしている(コロニー、月面都市)。
人類は巨大人型ロボットを作るほどの技術を持っている。
地球は様々な敵に狙われている。
言語が統一されている。
・E-4:E-3で上げられた点の利用方法について教えてください。
(E-3で上げられた点がPC達とは具体的にどうかかわってくるか、そしてその係わり合いがどのように面白いのか記入してください)



ついでに■ F.想定されるシナリオ
F-1:想定されるシナリオの導入について箇条書きでリストアップしてください。
(いくつでも構わないので、箇条書きにしてください。一つの箇条書きには複数の内容が含まれないようにしてください。すくなくとも4つはあげられるようにしてください)
・世間にスパロボの活躍をアピールするための国際ロボット見本市がPC達の地元で開催され、その警備に駆り出される。
マジンガーやガンダムなど憧れのビッグネームが搬入される中、主賓であるパイロット達の乗った飛行機が「天候不順」で遅れている。
それは地球の守りを一気に強奪しようという敵の妨害工作だった。
・前哨戦で、突撃型マップ兵器を駆使し、スパロボ軍団の攻撃範囲外からヒット&アウェイを繰り返す宇宙辻斬りマシン・ビグロ改に惨敗。
ある者は策を練り、ある者は特訓で技を磨き、あるいは新兵器完成を急ぎつつ、自分が守るべきものが何かを改めて見出しながら
決戦に向けて何らかのリソースを貯めていくPCたち。
・失敗が続いたpc達に対する不満から、上層部はPCたちの後輩を2号ロボに乗せて彼らと入れ替えようとする。
・市内で続出する土建業者の集団失踪事件。それは活断層を刺激して都市直下型地震を引き起こそうという敵の破壊工作のための
労働力集めだった。地の底深く潜入し事実を突き止めたPCたち。脱出して陰謀を打ち破るためには「一日外出券」をゲットしなければ
ならない。地底にコオロギ型機械獣チンチロリーンの声が不気味に響く。
・敵が発掘した古代文明の遺跡から発見された少女型アンドロイド。それは人々の欲望を現実にするために産み出された人工女神だった。
滅茶苦茶な願いの叶え方をする彼女を巡って、敵・味方・欲に駆られた人々がしのぎ合う。そして敵の破壊衝動・味方の希望・人々の欲望から
産み出されたニセスパロボ軍団が出現する。次回「魔法少女を撃て!」にご期待ください。
・PC1(女子高生に限る)の正体が名門女子高に通う何者かであるというのが敵にばれた。敵女幹部が正体を隠して転校してくる。
彼女を不審に思ったパイロット達もまた、性別年齢その他もろもろを詐称して女子高に転入するのであった。
次回「ツンデレ少女は悪魔なの? スール制度の甘い罠」にご期待ください。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|