亀田興毅VSランダエタ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨日は第三日曜日のためお休みでした。前日Gさんと朝5時まで談笑させてもらってから、そのまま溝の口の雀荘へ。
 夕方の4時くらいまで打っていました。最後のほうは牌が倍に見えるくらい意識もうろうとしていました。
 そのまま家に帰り朝まで寝ていました。久々に非生産的な1日を送りました。

 さて、僕が今年一番に楽しみしていた大一番「亀田興毅VSランダエタ」の一戦が2日後に迫りました。
 僕の予想では・・
 10ラウンドまでに亀田がKO勝利と予想しています。
 亀田のスタイルはジャブのないファイトスタイルで、マイクタイソンのスタイルと良く似ています。
 しかし今回はジャブの練習をかなりしています。父親である史郎トレーナー+他のトレーナーが就いたと見ています。
 これでボクシングスタイルにもっと幅が出てきたでしょう。

 一方のランダエタもベタ足で、あまりフットワークの使わない選手です。亀田がアウトサイドのボクシングを序盤にすればついていけない感じがします。
 また元々ランダエタは超1流選手ではありません。1流半くらいの選手です。またもう完成された選手です。

 ここで負けると「まあこれで謙虚になるでしょう。まだ若いんだからこれからがんばってほしい」と亀田にとっては一番屈辱的なことを言われるでしょう。
 ビッグマウスを言う人間は負けると叩かれます。常に崖っぷちを歩いています。視聴率も稼げる半面、大変なプレッシャーになっていると思います。
 いろんな意味で僕にとっては楽しみな一戦です。 

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp