酔っ払い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 最近プライベートで飲みに行くと3回に2回は記憶をなくします。物凄い酔いかたです。もちろん店では全然酔いません。
(当たり前ですが・・)

僕は酒は結構いけるのですが(ビール1本、日本酒2,3杯、焼酎1本くらい)体質的に弱く、2軒目にはもう何がなんだかよくわかっていないくらいベロベロになります。

 お酒の強い人は本当にうらやましいです。生来、落ち着きのない性格なので、グラスを握っていないと落ち着きません。
 そのためにピッチが早くなり完全な酔っ払い状態となります。
 そのときは大して酔っていないと思うのですが、ピッチが早いため酔いが後で一気に回ってきます。

そこまで分かっているなら、ピッチを落とせば良いのですが、3杯過ぎると完全に行け行けモードに突入します。

 昨日もそうでした。寿司屋で刺身を食べながらビールを飲み「今日はゆっくり飲むぞ」と決意したのですが、日本酒2合目にさしかかった頃には、「もういいか」となっていました。

 その後にバーに行ったのですが、完全に記憶は飛んでいました。
 朝、起きたらなんと漫画喫茶にいました。

 僕のハッスル思想でこの問題をどうするか?考えてみました。なるほど、飲んでいるときはつまみをあまり食べません。
 そのためにピッチが早くなると分析?しました。

 これからは最初にガンガン食べて、あまり飲めないような状態を意図的に作ります。
 うん、これで問題は完全に解決です。我ながら名案(笑)です。

 プリンスさん、池田さん、あさこちゃん、今度はこの方法で行きますんで、またお付き合いしてくださいね。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp