感謝のアドバイス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お店で一番大切なのは常連さんや固定客のお客様です。

それと同時に大切なことは新規のお客様に来店していただくことです。

当たり前のことですが常連さんも、最初は新規の
お客様として来店します。

常連さんの望むメニューなどを提供するのは
結構できます。

聞けばいいからです。

前にメンマのお通しを出したことがあるのですが、
少し食べ残しがあったので、気になって聞いたところ
「メンマどうですか?」
「煮卵つけたほうが良いよ」と3,4人の方からのアドバイス。

BOXのいつも来て頂いているお客様にも聞くと
「煮卵ついてるとありがたいですね」とのアドバイス。

皆さん同じことを言われました。

おおそうか、メンマより煮卵に力を入れるべきなのか
と、すぐに改善できます。

しかし新規のお客様にはそうはいきません。
ほかの店に入るお客様に「うちに来てもらうには
どうしたらよいですか?」と聞くわけには行きません。

この間カウンターの常連さんからありがたい
アドバイスを受けました。
「店長さん真ん中大きい看板光当てたほうがいいですよ。
 僕一瞬休みかなーと思いましたよ。外から見ると
 光っていたほうが僕はいいと思うんだよなー」

こういうお客さんのアドバイスはかなりあたります。

すぐに真ん中の多きいい看板と階段のスポットの
ついている看板と入れ替えました。

するとその日は木曜日なのにもかかわらず、
新規のお客様が3組来店しました。

また遅い時間帯もたくさんのお客さんで賑わいました。

僕「これ看板のせいですかね?」
池田さん「たぶんそうですよ。木曜じゃないもん」

僕には見えないことが多々あります。

これからもいろいろなアドバイスをお願いします。

検討してできないこともありますので、
そこはあらかじめご了承お願いします。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp