マオカラーとジーンズ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最近ジーンズメイトでジーンズ2本買いました。

うんなかなかよろしい。結構慣れてきました。

しかし、最近ちょっと世間にあわせすぎかな?
と、思うこともあります。

でもこれで良いと思うのです。

ある社長から聞いた話です。
「この世は時代の流れというのがあるんだ。
自分が流れに逆らうのは勝手だよ。
でも、どう思おうがそっちのほうに流れていくんだ。
例えばヒット商品の仕掛け人なんている人がいるよね。
その人がいないと、あたかもその商品が生まれない
なんて思うかもしれないけど、時代がその商品を要求
している。種はもうあるんだ。
その人たちは種に水をまいたんだよ。
種がなければ生まれてこないのと同じことなんだよ。
だから、時代のほんのちょっと先を読むんだよ」

なるほど・・と僕は今でもよく覚えています。

マオカラーや僕の柄シャツの時代はまだ来ないようです。
ジーンズの時代はまだまだ続くでしょう。

僕も時代に合わせることが大事と思っているんです。

でも、たまには柄シャツも着ます。

そこは大目に見てください。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp