スガさんの先生の本

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カウンターの常連さん、スガさんの会社の社長「ポンポコ」先生(高橋フミアキ先生)の書いた本「大富豪のおじいさんの教え」を読み非常に感銘を受けました。

 内容は、大富豪のおじいさんの孫の雅彦君がニートというかあまり働きません。しかし雅彦君はバーを開店したい希望があります。偶然にもポンポコ先生と雅彦君がバーで会い、冗談で雅彦君の顧問になってあげる話をしたところ、大富豪のおじいさんが顧問料までポンポコ先生に支払うと言う実話です。

 開業資金をためようと2人でがんばるのですが、雅彦君だけなまけ、遊びにもお金を使ってしまいます。
 ポンポコ先生は顧問なので、おじいさんに報告だけし、もうどうしようもない状態になっていました。ポンポコ先生の家に雅彦君は居候していたのですが、追い出されてしまいました。

 おじいさんに報告したところ、一緒に飲むことになり、ここでポンポコ先生は経営や人生について教えられます。

    • 人に頼まれるのは神様のプレゼントだ・・・
おじいさんに教えられます。雅彦は確かにだらしない、しかし君は顧問料をもらってるんじゃないかと。自分は君の顧客だと言います。報告だけしていればそれでいいのかと。雅彦の本当の悩みを一生懸命聞いているのかとのことです。

    • 人生の中で一番大事なのは信用される事と、信頼される事
おじいさんは言います。つまり顧客を本当の意味で大事にしないと経営はできないと言います。報告だけでいいのか・・
 それで本当に顧客から信用されるのかと・・

かなり良い本でした。まだまだたくさん為になることが書いてありました。ポンポコ先生は本当に素晴らしい人に指導を受け、本人もかなりの勉強家のようです。

 スガさんは素晴らしい人と起業しました。これなら会社もきっと大きくなりそうな気がします。
 まあ大きくなったらなったで、僕が敵対的TOBをしかけますが・・・
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp