パワパーク@Wiki ロッテ球団史

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





262季以降の出来事

第262回にかもめが復帰。


年号(季) 出来事

256 序盤・中盤は激しく日本ハムと首位争いをする。後半はロッテが日ハムを振り切りそのまま14ゲーム差をつけ独走で優勝。CSで日ハムを撃破し、日本シリーズに出場。苦しみながらも中日を4勝3敗で下し12季ぶり26回目の日本一に輝く。
255 西武・楽天と激しくCS争いをするも、4位に。トレード問題でいてまえさんが退団することに・・・。その問題によりチームが崩壊しかかったが、なんとか話し合いでそれは防ぐ。†不黒†さんが家の事情により退団。タイゲッツさんがドラフトで入団。ドリームさんが日ハムより移籍。
254 前半戦から好調を維持。首位の西武と一位を争ったが、惜しくも2位。果汁33%さんが引退。
253 23季ぶりに最下位に沈む・・・。
252 熾烈なCSを制し7季ぶりに日本シリーズに出場するも、3勝4敗で巨人に敗れる。Ganjuさんが久々にロッテに復帰。だれさきさんが受験のため引退。
251 2位となり、6季ぶりにAクラスに入る。
250 5季連続のBクラスと低迷が続く。すべさんが入団。いてまえさんが転生。huaさんが受験のため引退。
249 4季連続の4位。社長さんとホタルさんが転生。名リリーフエースであった松崎亜美ちゃんが惜しまれながら引退。
248 3季連続の4位。†不黒†さんが入団。大投手・綾崎ハヤテが引退。小杉さんが多忙のため引退。
247 2季連続の4位。ひぃ。さんと練習さんが入団。MLBさんが無言でチームを去った・・・。
246 7季ぶりにBクラスに沈む。大野豐選手が移籍。
245 3位からCSを勝ちあがり日本一に。
244 3季ぶりにリース優勝。果汁33%さんが入団。☆スティー☆ 選手が入団
243 4季連続のAクラス。スティー+選手が引退。ミヤさんが入団。
242 3連覇こそ逃すも3季連続で日本シリーズに出場。
241 2季連続のリーグ優勝。日本シリーズでは敗退。能美投手が引退。
240 22季ぶりのリーグ制覇、59季ぶりの日本一。かもめさんが入団。
236 後半巻き返して3位に滑り込む。CSは2次ステージで楽天に1勝3敗で敗れる。
233 前半戦から負けが続き4位になる。得点力の低下が著しい。
232 前半戦は優勝争いに加わるも、後半戦で力尽き4位。
231 最下位を脱出し、久しぶりのAクラスとなる2位。黄金期再来なるか?
218 リーグ優勝二連覇.黄金期真っ最中。コスギⅥが21勝huaⅣ+が237安打達成など記録が生まれた。またもやで敗れる。
217 ミスターロッテ、☆・いてまえ・☆ロッテに再入団。開幕から11連勝。約20季ぶりのリーグ優勝。しかしCSで敗れる。
216 シーズン3位でポストシーズン進出。久々のwiki評価S達成。


216季以前の出来事

  • 第73回からリーグ16連覇・日本シリーズ7連覇を成し遂げた かつての最強チーム。その間には他を寄せ付けない強さを誇る時期もあった。その後も常に上位争いに加わるチーム力を維持し続け、12季連続チーム総盗塁数200個超えや3季連続全員2桁盗塁など、輝かしい記録を残した。脚力 最重要視・小技も絡めた繋ぐ野球・中継ぎフル稼働がチームの特徴だった。
  • しかし、110回台中頃に勃発した内紛により転機が訪れる。一旦は収集したかに見えたものの、痼りを完全に取り除くことはできず、相次ぐ主力の移籍やチーム方針に背いた選手の入団により、チーム力が下降線を辿っていった。120回台半ばには遂にBクラスに転落し、その後 暫く低迷。第130回台後半に漸く復活に向けて歩み出したが、待ち受けていたのは茨の道だった。それでも、意識改革により着実に浮上。
  • 第146回には3位からクライマックスシリーズを勝ち上がり、日本シリーズも制して56季ぶりとなる日本一の栄冠を摑み取り、第148回には28季ぶりの優勝も果たした。その後に訪れた危機を乗り越え、第153回に野手陣無失策、第154回にチーム無失策、第155回にチーム総盗塁数300個超えの快挙を達成。第156回には、10季ぶりとなる日本一奪回に成功。第160回には41季ぶり5度目となる全員2桁盗塁を成し遂げ、第167回にはチーム総盗塁数のあけペナ記録を樹立して19季ぶりとなる優勝を果たした。第165回を起点としたチーム総盗塁数200個以上の記録も12季連続となり、最長タイ記録に並んだ。第172回には、3季ぶり38回目の優勝・16季ぶり20回目の日本一の栄冠を手にした。クライマックスシリーズ制度導入以後、レギュラーシーズン首位 且つ日本シリーズ制覇はチーム史上初であった。第176回には、30季ぶりに3位から日本一へと駆け上がることに成功。また、引き分けが9試合を数え、中継ぎ重視のロッテの象徴となる新記録を樹立した。チーム総盗塁数200個以上の記録も12季連続となり、最長タイ記録に並んだ。第179回には、「三つ巴の2位争い」を制して2位を固めることに成功。ポストシーズンでは、充実した中継ぎ陣をフル回転させて、頂点まで上り詰めた。第181回には、チーム史上最長となる16連勝を記録。レギュラーシーズンの最終順位は3位だったが、ポストシーズンではチーム史上通算3度目となる3位からの逆転日本一を勝ち取った。第186回には、14季ぶり39回目のリーグ優勝を果たした。第182回から第194回にかけて13季連続チーム総盗塁数200個以上の新記録を樹立。第197回・第198回には、黄金期以来となる実に久々の連覇を成し遂げたが、いずれも日本シリーズ出場を逃した。
  • 第198回には長らくチームを支えていた製作者が2人退団。それに伴い協力者が多数退団し、チーム力は大幅に後退した。その後wikiのトップページの大改造など改革を進めるものの結果が出ず、苦しんでいたが第211回には3位と久々のポストシーズン出場を果たした。
最終更新日時: 2009年11月21日 16時32分14秒
編集者:かもめ