アメリカ海兵隊


アメリカの海兵隊っていうのは海軍の精鋭部隊のこと?

元々は軍艦内の規律を維持するために、下級船員を武装させて警護に当たらせたものがおこりだと聞いております
渡航先で必要が生じた際は陸上戦闘も行いました。

アメリカの海兵隊は、紛争が発生した際に、在留邦人および海外にある米国の財産を保護することを目的とした緊急展開用の部隊です。
そのため、米本土防衛のために国内で戦闘することは基本的にはありません。
規模が小さく、多様な状況に適応して戦闘することを前提に編成され訓練されているので、
一般の陸軍部隊等に比べると精鋭部隊であると言えます。広義の特殊部隊にはいるでしょう。
(16:76)
Old-Navy(帆走時代の米海軍)の時に、帆船同士の戦いに決着つけるために作られた、接舷斬り込み部隊が起源です。
その後、New-Navy(蒸気船時代の米海軍)になると、その軍艦に乗り込み、
艦内の治安維持に当ったり、植民地の権益維持に当るための軍隊になりました。
国外で米国が絡む紛争が起きたときに真っ先に投入される軍です。
転じて、そう言う性格も残存していますが、今は上陸戦を専門に行う部隊です。
(16:眠い人 ◆ikaJHtf2)

東京のアメリカ大使館にはゴツイ海兵隊が常駐していると思うんですが、どんな武装しているんですか?

一般的に考えて、M16A2等の自動小銃の他、MP5などの短機関銃、拳銃類というとこでしょう。
ただ、日本大使館の場合、表に立っているのは日本人警備員ですけど。
(58:12)

米海兵隊の士官って海軍兵学校を出てるのですか?海軍兵学校で地上戦も教えてるのですか?

米海兵隊の場合も(一般大学卒業者を除けば)兵学校出身です。
2割弱が卒業後基本術科学校での教育を経て、海兵隊士官に任官します。

兵学校途中からそれぞれの進路を決めるようなので、一応の陸戦教育はあると思われます。
(59:725)
海軍兵学校出身者の何割かが海兵隊に志願してた筈。ROTC出身者も覆いけど。
(59:729)

米海兵隊の階級で「海兵隊付最上級曹長」は、全海兵隊で一人しかいないと聞いたのですがどんな人がその階級になるんでしょうか?

下士官コースをトップで昇任してきた香具師
他の軍隊にもそのような階級or制度は有るのでしょうか?
自衛隊に、曹友会長ってのがある
本部のある建物に部屋を構える事が出来る
米軍の真似をしているが、そこら辺の曹長に毛が生えたようなもので、重みはない。
(62:217)

米大統領がヘリから降りるとき、海兵隊員がドアの横で敬礼してるけど米大統領の護衛は海兵隊の仕事?

海兵隊のお仕事です
政府関係施設(含む海外の大使館)の警備にもあたります
(65:835)
大統領専用ヘリコプターは海兵隊が運用するの。
コールサインはマリーン・ワン。
(65:842)

フルメタルジャケットでは海兵隊でハートマン軍曹にののしられまくられましたが、あれは海兵隊だけですか?

米海兵隊は当時他の米三軍が徴兵制を敷いていたのに対し、志願制を採用していたので、
自分達が精鋭だと自負していて、したがってより訓練が過酷だった面もあります。
(67:245)
また、ああやって罵倒されまくって何か利点はあるのですか。
ああいう酷く見える罵倒を繰り返すのは心理学的には兵を精神的なショック状態に追い込んで
思考を停止させ、そのあとに新たな軍隊のコマとしての常識(敵を憎め!殺せ!!)
を刷り込むためと言われています。
だから、一歩間違えば発狂と言う事もあるのです。

現在でもいわゆる特殊部隊の訓練ではああいった肉体的・精神的ストレスをかけて
隊員を選抜するようです。
(67:245)
「洗脳」の一種と考えた方が正解
一昔前に流行った企業再研修も同じ手法を使っている
(1週間ほど前にひさしぶりにテレビで見た…やってることに進歩がない)
(67:247)

第3海兵遠征軍って実戦部隊じゃなくて訓練部隊みたいなものって聞いたのですが、マジ?

3MEFって実質的に配下にあるのが1個旅団だけですし、部隊への配属期間も短いので、
そのようにいわれているのでしょう。有事の際は本国から増強部隊がやってくることを前提に
3MEFは構成されています。
(69:266)

米海兵隊の将官は、将軍generalなんですか?それとも、提督admiralなんですか?

将官は陸軍と同様 general ですね。
組織としては3軍とは別の独立した組織です。
(71:448)

米海兵隊は古い装備を好むと言われていますが何故でしょうか?

クリティカルな仕事だから信頼性の高い枯れた
装備がいいんでないのですかね?
(76:鬼三等兵)
常に存在意義を問われる(陸軍があればいいんじゃねーの?)

予算が切りつめられる

開発費に回す金がない

新装備を配備するのが遅くなる
(76:海兵隊)
装備の幅が非常に広い(戦闘機、戦車、ヘリコプター・・・)ために、
すべての装備を更新することは大変なだろう、
当然、後回しになる物も出るかと
(76:738)

海兵隊航空隊の戦闘機の存在意義は何でしょうか?

空軍とか海軍航空隊は放っておけば、対艦攻撃や航空阻止作戦に持って行かれる。
近接航空支援なんて、余技にすぎないと思っているのがそこら辺の連中。

海兵に取っては、近接航空支援等してくれる固有航空戦力の存在は
連中の水陸両用作戦を成立させる上で極めて重要。
(79:362)
海兵隊員の回想録を読むと「海軍が十分な航空支援や艦砲支援をやったことは
史上一度もない」なんて共通して書いてあります
身内同然であるべき海軍ですら空母の安全を優先して支援の出し惜しみをするのに
空軍が海兵隊の求める火力を良いタイミングで提供するはずがありません

アフガン・イラク戦争では海兵隊航空部隊のホーネットも同行、出撃しており
テレビでニュース画像も流れていました
(79:363)

米海兵隊は今後も海兵隊無用論との戦いは続くでしょうか。

むしろ子ブッシュ政権(ラムズフェルド国防長官)になってから、
海兵隊はこれまでになく重用されている。 
例えばいまの統合参謀本部副議長は海兵隊大将で、これまで海兵隊出身者の昇った最高位。 
また以前であれば陸軍大将が任命されていた欧州軍の司令官にも、海兵隊大将が任命されている。
(79:695)

アメリカ海兵隊の幹部養成学校(陸軍士官学校みたいな)ってあるんでしょうか?

海兵隊独自の士官学校はない。
海軍士官学校(アナポリス)が海兵隊士官養成を兼ねている。
(79:716)

海兵隊の人が副でない、正の統合参謀長になる事はできるでしょうか?

海兵隊でも統合参謀本部議長になれます。
(80:712)

海兵隊の業務がイマイチ納得いきません。

陸戦も大使館や海軍基地の警備も陸軍でいいじゃないっすか。
艦艇だって結局海軍が操縦してるんだし、航空機だって航空隊だって海軍にまかせりゃいいんじゃね?
海兵隊のお仕事は「上陸戦」でやんす。
陸海空の部隊が一パックになってるので動きやすいってのもある。
戦争が起きそうなとき真っ先に投入できる。

米海兵隊の存在意義は陸海空における作戦を単独で行える
コンパクト統合軍である、というところにある。
全兵科の部隊がお互いに高度に連携し合い、立体的戦術を取れる部隊の利用価値は大きいぞ?
コンパクトで機動力も高いし、陸海空軍につきものな連携不足に悩まされる心配も少ないしな。
特に、開戦当初に敵地に送り込む兵科としては最適だと思うがね。
(352:701,705)

米国の大使館警備は海兵隊が行っているようなのですが、なぜ陸軍でなく海兵隊が大使館警備を行っているのでしょうか?

1909年の海軍条例に於いて、海兵隊の任務の中に、艦上勤務(規律維持)、外国への介入、
外国部隊の訓練、陸(空)軍の支援、国内・国外の合衆国市民と財産の保護、前進基地の
防御などが規定されています。

このうち、国内・国外の合衆国市民と財産の保護を任務としているので、海兵隊がその保護の
任に当たる大使館警備の役目を担っている訳です。
(125:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

アメリカ軍では海兵隊差別みたいなのがあると話していたのですが?

海兵隊は四軍のなかで最も平均年齢が低い(ベトナム戦争時の平均年齢は19歳)。
その影響から兵士個人の人生経験や学歴の点で一歩及ばない面が有ります。
奨学金の為に入隊する人も居るので向学心の有無とは一緒には出来ませんが。
一般的に交通事故も犯罪もティーンエイジャーから20台が多く
荒くれ者のイメージも何となく敬遠される原因でしょう。
(499:578)

海兵隊は空母を欲しがってたそうですが?

 アメリカ海兵隊は昔から固定翼航空機を運用しているが、飛行場のある島の
守備隊か上陸、占領した島を切り開いて飛行場を作ったのでもなければ航空機が
運用できず、基本的には敵地への展開は海軍の空母に頼っていた。
 でも、海軍の空母は海軍航空隊の航空機を載せるだけで手一杯なことが
多く、海兵隊の機が空母に載せて運用してもらえることは少なかった。

 従って海兵隊の航空支援は海軍機が行うことが多かったのだが、上陸作戦の
時など海軍機とは命令式系統の違いで即座に連絡がつかないことが多く、どう
しても海兵隊自前の航空機を空母に載せて運用させてもらわないと困る、
ということになり、「海兵航空隊を搭載、運用することが専門の空母」という
ものを保有させてもらえないかという事になった。

 でも海軍が「そんな隻数の余裕はねぇだろ空母作ったらまずこっち寄越せやゴルァ」
と吼えたのでボツ。
 戦争の終わり頃になって空母が余り出した頃にようやく「海兵航空隊専用空母」が
用意されることになったが、戦争が終わったのでその話は「なかったこと」になった。

 以後、朝鮮、ヴェトナムと海兵航空隊が戦争に参加する度に同じ話が出て、同じ
ように予算の問題と海軍の横槍でボツる、ということを繰り返している。

 AV-8ハリアーの装備で海兵隊は強襲揚陸艦から固定翼機を運用できるようになり、
ようやく悲願が達成された。
(360:906)

アメリカ海兵隊はどんな編成(何個師団なのか)になっているんでしょうか

海兵隊は組織の上では東海岸に第Ⅱ海兵遠征軍、西海岸に第Ⅰ海兵遠征軍、沖縄に第Ⅲ海兵遠征軍。
このうち沖縄のは司令部の下にくる実戦部隊は第Ⅰ海兵遠征軍の部隊を送って当てています。
また、東海岸に第2海兵師団、西海岸に第1海兵師団ですから、とりあえず2個師団です。
そして、さらにMEB、MEUがここから捻出される形です。
(357:611)

映画フルメタルジャケットでハートマン軍曹が訓練中に歌っていた歌

「Ho Chi Minh is a son of a bitch♪~」 て実際に海兵隊で歌われていたのでしょうか?
あの歌はmilitary cadenceまたはrunning cadenceといいます。
ハートマン軍曹の中の人は元海兵隊訓練所の教練指導官でした。
(348:459)

海兵隊は艦載機と戦車を運用していますが、これらの搭乗員の教育は海軍・陸軍の各学校に委託しているのでしょうか?

それとも自前でしょうか?
海兵隊は戦車と砲兵は陸軍と共同でやっています。しかし、形式としては委託か共同かなどは知りませぬ。
ちなみに対内乱作戦の総仕上げは自分のとこでトウェンティナインパームというカリフォルニア州の
一角に施設があってそこでやってたりする。

つけたし
士官学校は海軍と一緒でアナポリスでやる。
最近は統合化が教育にまで及んでおり、教範によっては陸軍と共通だったりするし、
指揮幕僚課程などは他軍種のとこにいくこともある。
(347:564)

平均的な練度は海兵隊>陸軍なんですか?

海兵隊は伝統的に創設以来志願制を取っていて、志願後の厳しい訓練で不適格者の選別が行われる。
だから近年まで徴兵制だった陸軍よりも少数精鋭で人材の水準が高いという自負がある。
(595:314)

海兵は寒冷地に行かないよね?

アメリカ海兵隊は平均して年に1回はアラスカやアリューシャンで上陸演習を
やっているぞ。積雪地での演習は普通にしている。
装備にもちゃんと寒冷地装備があるし車両の迷彩パターンには冬季迷彩が
ちゃんとある。

冷戦時代はソビエトのアラスカ・アリューシャン侵攻が想定されてたし
逆にカムチャツカやクーリル、サハリンに上陸することも考えられたので
冬季の寒冷地戦闘も充分考慮されてた。
(321:555)

海兵隊はDQN扱いされているそうですが、アナポリス在学中の学生達にも 海軍>>海兵隊 って認識はあるんでしょうか?

決して成績で割り振られている訳ではないけれども。
しかし 海軍>海兵隊 ってヒエラルキーはあるみたい。

海兵隊遠征部隊の編成上、海兵隊は海軍に頼らなければ作戦行動が
できないから、どうしても下位に置かれる、というのはある。
海兵隊は階級も大将までしかなく、元帥まである陸海空軍に比べると
一段低くなるし。

ただ、兵学校卒業後の進路は「親や一族は海軍(海兵隊)なので
自分も海軍(海兵隊)に進む」という人が多く、成績よりは個人の
選択に寄る。
(279:22)

米海兵隊の数は約17万人だそうですが、これは昔からそうなんでしょうか?

創立時には2個大隊を予定していましたが、George Washingtonが自分の率いる陸軍から
2個大隊も引き抜かれることを嫌い、結局、とある居酒屋の経営者が、新兵を募集し、10名の
将校と200名の兵を集めることで発足しました。
(一説には、酔っぱらわせて前後不覚にして、入隊の承諾書にサインさせたと言う説も)

1900年には、将校174名、兵員5,240名に拡張(それでも陸海軍に比べれば小規模)され、
1917年の第一次大戦への米国参戦から更に増強して航空隊を開設し、75,000名にまで
規模を拡大しますが、第一次大戦後に一旦15,000名にまで削減されます。
再び、第二次大戦によって拡張され、末期には6個師団475,000名にまで拡張されますが、
1950年には、2個師団74,000名に削減されています。

1952年6月、海兵隊出身のP.H.Douglas上院議員、Mike Mansfield上院議員が、海兵隊の
兵力について、平時3個師団、3個航空団を維持すると言う法案が可決されました。
以後、様々な紆余曲折はありましたが、18万人前後の体制が組まれています。
(193:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

アメリカ海兵隊が、独自の士官学校を持たず、士官教育を海軍士官学校で行っている理由は何でしょうか?

歴史的な点から見れば、海軍と海兵隊は暖簾分けした親戚みたいな物ですが
士官には兵・下士官の指揮・運営という業務の他にも、将校として戦略・戦術を学ぶ必要があり
海軍と海兵隊の場合は、ある程度共通した物を学び、共通の知識・判断基準を持った方が都合が良いのです

また、将来の事も考えれば、将校に相応しい紳士である為に必要なテーブルマナーや礼儀作法も学ばなければなりません
(特に海軍は平時から海外に出向く機会が多く、その為に礼儀作法にうるさい傾向があります。)
各国の大使館やホワイトハウスに護衛を受け持つ海兵隊には丁度いいでしょう

さらに言えば、海兵隊が独自に士官学校を作るよりは、暖簾元の海軍で教育を受けた方が合理的といって側面もあるのでしょう
(712:194)

日本国内のアメリカ大使館には武装した海兵隊が警備にいると聞いたのですが、彼らは外交官としての外交特権も認められているのでしょうか?

認められてない。あくまでも警備員扱い。
(俺初質スレ2049:986)
日本だけじゃなくて世界どこ行ったって、
アメリカの大使館・領事館付き武官は全部海兵隊だよ
(俺初質スレ2049:987)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯