F-2


F-2の部分ステルス化って意味あるの?

レーダー誘導ミサイルにロックされにくいとか、普通に見つかりにくいとか、色々あるとおもうよ

F-4,F-15を「目標を目視にて確認後、警告の後攻撃」専用に使うなら意味無いかもしれない
(19:613)

何でF-2は白に塗られてるんですか?

1号機のこと?
あれは原型のF-16の1号機の塗装を日本向けにアレンジしたのです
(27:175)

F-2が主翼を拡大した理由は何ですか?

そもそも構造変更に伴って重量が増加する事がわかっていたので
その対策だったと思う。
あと翼面積を大きくすると、翼面荷重が小さくなって機動性が確保できる
のだが、これが理由だったかどうかは知らない。
(その分低空で振動が多くなるわな。)
(29:名無し軍曹)

F-2は対艦ミサイルを4発搭載できますが、4発一度に発射できるんでしょうか?それとも一発ずつしか使えないのでしょうか?

同時発射も、一発ずつ発射することも可能ですよ
(37:928)

F-2の飛行展示の映像を見たのですがなんか主翼がシナッてません?あれは大丈夫なんでしょうか

どんな飛行機も多かれ少なかれ翼はしなります。
F-2の主翼は開発段階で問題がありましたが、設計変更され量産機では
問題ない(はず)です。
(45:409)

F-2支援戦闘機の抱えている問題について分かりやすく教えてください。

問題は大きく3つに分けられます。

1、開発初期の機体につきもののトラブル
ある特定の飛行形態(ミサイルや増漕の組み合わせ)のときある特定の飛行をした場合に
機体に設計許容範囲以上の負荷がかかったり、振動が起きたりする。
→これに関しては飛行制御ソフトを書き換えて、「ある特定の飛行形態」のときに「ある特定
の飛行」をできないようにしました。これで問題解決なのですが…、その制限が空中戦を
行ったときに命取りになる可能性も十分に考えられます。

2、レーダの致命的な欠陥
探知距離が設計の半分だとか1/3だとかいわれており、さらにいったん捕捉した敵がレーダ
からこつ然と消えたり、ロックしたはずの敵へのロックが外れたりとかなりの問題児のよう
です。ソフトの書き換えで改善するとも機首のピトー管が原因だとも言われていますが、
解決には数年かかる(もし解決するのであれば…)というのが一般的な見方のようです。

3、搭載可能なミサイルの問題
F-2は支援戦闘機なので他の問題に比べるとあまり問題にはされていませんが、F-2が
現在搭載可能な中距離対空ミサイルは30年前の代物のAIM-9Fです。F-15が搭載可能な
もしくはここ数年で搭載可能になる近代的なAIM-120, AAM-4とは違い、AIM-9Fで空中戦を
やったら多くの場合負けてしまいます。さらにF-2には近代的な中距離ミサイルを搭載する
ように改修をする予定が現在のところありません。
(37:136)
※2002年時点のログです

F-15J,F-4EJ,はグレーのうすい色なのに、どうしてF-2はブルーなのですか

F-15や301&302飛行隊のF-4EJは空対空戦闘を任務としています。そのために空中戦を
行った際に空に紛れるように薄いグレーの迷彩をしています。

それに対して、F-2の主任務は対艦攻撃です。対艦攻撃の場合、海面すれすれを低空飛行
して敵艦のレーダに写らないように近づきます。そのため敵機から迎撃を受けた際に上空から
みて海の色と同化するように濃いブルーになっています。あの色は日本海によくとけ込むように
できているとかいないとか…

F-4EJでもF-2と同じように対艦攻撃を主任務としている第8飛行隊のF-4EJは現在F-2と同じ
濃いブルーの迷彩をテストしています。もしかしたら後数年で第8飛行隊のF-4EJは全機とも
濃いブルーの迷彩に変わるかもしれません。

将来はスクランブルでも使えるようになるとききましたが、空中戦で青色は大丈夫なのですか?
F-1は緑と茶色の迷彩でスクランブルに臨んでいました。空中戦でF-1やF-2の迷彩は不利になる
とは思いますが、主任務はあくまでも支援戦闘機としての対艦攻撃ですから…

何を優先するかという問題だと思います。
F-15Eだって空中戦は可能ですけど、実際には夜間攻撃の際に目立たないように濃いグレーでしょ?
(62:85)

F-2は元々純国産で作ろうとしていたのですよね?

だったら、もし貿易摩擦とかの問題がなくてアメリカが介入してこなかったらF-2っていまだに完成してなかったかもしれないの?
それとも、エンジンだけ外国産になってた?
そのとおりです、純国産のFSX計画でもエンジンだけは海外で設計されたエンジン利用する予定でした。
(62:FFH331 ◆3.CSSBl9VA)

F-2支援戦闘機は純国産機なのでしょうか?

純国産が何を指すかによると思いますが...
設計に関してはF-16をもとにしているので日本のオリジナルではありません。
生産に関しては製造の約40%を米国企業が担当しているのでこれも国産とは言えません。
純国産機ではないということですね。
(3:369)
日本にはジェットエンジンを自己開発する能力がない、少なくとも近い将来に作成する能力はありませんから、
純国産ジェット戦闘機製作はまず不可能です。他にもたくさん不足している能力があり、
現代戦に投入できる戦闘機を完全自作することはできません。
また、そのような能力を持っている国はごく限られ、グリペンのように用途を特殊化した機体以外は、
アメリカ、ロシア、フランス、ヨーロッパ共同(EADS)ぐらいのものです。
(3:381)

F-2支援戦闘機は日米共同開発されましたが、米国は自軍にも配備しようとはしなかったのでしょうか?

まんまF-16の上位機体ですし、後継機としても特に問題なさそうですが
対艦能力を追求した対艦番長は、アメリカ空軍のドクトリンには合致していません。
アメリカ空軍が保有する装備/兵器との相互運用性もいまひとつです。

F-2は日本の防衛事情に特化した、いわば日本専用機みたいなもんだから
アメが採用するメリットはあまりない。
F-2がその能力を最大限に発揮するのは、日本みたいな四方を海に囲まれた島国においてだからね。
むしろ日本と防衛事情がとても似通っている台湾の方にこそ、F-2はマッチすると思う。
(356:217,218)

F-2ってほとんど攻撃機なのにどうして「F-2戦闘機」なの?

お手本の米軍が、対地攻撃を主な任務とする戦術戦闘機を”F”に分類してたから。

日本の自衛隊には分類上「攻撃機」はない。なので「A」分類の軍用機もない。
F-2は確かに主任務は対艦ミサイルによる侵攻船団攻撃と対地支援だが、
要撃戦闘機としての能力がまったくないわけではないので、別に「F」分類でも構わなかろう。
(342:487,488)



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯