※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トロールバレー


幽鬼の谷により、低コストで優秀なストラテジーを何度も使いまわしてアドバンテージを稼ぎ、ユニットを並べて1~2ターンで一気にスマッシュして勝利するデッキ。
デッキ名の由来は、キーカードである幽鬼の谷トロール流砲撃術から。

このデッキで採用されたカード↓
ユニット
ステルス・スナイパー」「イビルアイ・ドライバー」「真夜中の狩人ミュラー」「愛撫の魔煙フェザー」「魔少年ダミアン
ストラテジー
トロール流砲撃術」「失恋の痛み」「ノヴァ・コマンド」「冥界の門
ベース
幽鬼の谷

プレイング
序盤は手札破壊しつつ小型ユニットをプレイしていきます。
幽鬼の谷は5コストかかる重いカードなので隙を突くか、隙を生むかしないと貼れないベース。なので使用するタイミングは非常に重要です。
このデッキには除去効果を持つカードが豊富なので、これらで相手が息切れしたところを狙って貼るのが安全です。

幽鬼の谷を貼った後はプランジャーを使いまわしたり真夜中の狩人ミュラー魔少年ダミアンなどを使いながらユニットとストラテジーを回収して相手を追い詰めます。
もう1つのキーカードであるトロール流砲撃術で味方ユニットを廃棄しつつ相手ユニットを除去→墓地のストラテジー回収の流れが単純かつ強力。
6000ダメージ1発では倒せない程の高パワーユニットへは、複数ユニットフリーズによるノヴァ・コマンドで対処する事ができます。

幽鬼の谷の影響力

相手としても、わざわざアドバンテージを取られるこのカードと同じラインにユニットをプレイ移動させたりはしないでしょう。
なので、谷のラインで、ステルス・スナイパーイビルアイ・ドライバーで1:3交換を期待するのは無理です。
役割としては、「相手のユニットを同ラインから引き離すように仕向けるカード」です。

当時のこのデッキのエンドカードは「冥界の門」です。

デッキ内のユニットのスマッシュがほぼ全て1の為、勝ち筋に欠けます。なので時間がかかってしまうのが大会でのネックとなりそうです。

現時点では幽鬼の谷は禁止カード、およびレジェンドカードとなっているため通常構築では使用できません。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー