※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

領域(りょういき)


「ディメンション・ゼロ」には数多くのカードが存在出来る場所がある。

具体的には

  • 手札
  • 山札
  • スクエア(バトルスペース・ベーススペース)
  • エネルギーゾーン
  • スマッシュゾーン
  • 墓地
  • プランゾーン
  • ゲーム外

である。

ユニットベースにはどの領域からスクエアに置かれたかに、細かい条件を持つカードが多く、初心者には混乱しやすい要素であるため気をつけてもらいたい。


このカードがスクエアに置かれた時、


この表記はどの領域からでもその条件を満たす表記。


このカードが手札からスクエアに置かれた時、


このように表記されている場合、領域の条件付きと判断することが出来る。
中には


このカードがスクエア以外からスクエアにおかれるにあたり、


というものもある。
なんのことか一見分かりにくいが、これは移動大いなる神の手の効果が「スクエアからスクエアへ置かれる」ことに相当していることに原因がある。カードのメカニズム的にそれらの場合に条件を満たさないようにしたいと、こういうややこしい書き方になるのだ。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー