重要な用語


  • 銀河系地球連邦政府
ルナ、アルティノ、セフィ、ロンディ、マリオン、ミルフィーナ、
アキ、レオーネ、ヴァネッサが称号(階級)を持つ。
幾度もの戦争と惑星連合に敗北した事によって、
地球連邦の経済成長率は下降線をたどっている。
人口の7割は低所得者の下層階級で占められ犯罪も多く、国民の向上意識も低い。
最高機関の地球連邦議会は、10名の議員と議長で構成されている。

地球連邦は身分による階級制度を採用している。階級については↓を参照。
レフコクリソス(λευκοχρυσοτ)/特権階級(連邦議員)
クリューソス(χρυσοτ)/上層階級
アルギュロス(αργυροτ)/中層階級
カルコス(χαλκοτ)/下層階級

  • ディック惑星連合
最高機関の代表議会は多くの議員で構成されている。
大統領は任期終了毎に議員以外の国民から、候補を選び国民投票によって決めている。
辺境惑星の住民達は経済停滞と資源不足に苦しみ、
それを惑星の総督府へ怒りの矛先を向け、総督府の長官は他の星の長官と会合し、
地球連邦に対し物資の搾取を止める様に要請したが、取り合ってもらえなかった。
やがて住民は武装蜂起し各地で暴動や略奪を起こした。総督府の長官であるディックは
地球連邦に不満を持つ惑星と連合を組み、それは「ディック惑星連合」と名付けられた。

  • ホライズン共同体
実力がある者ほど権利や保障が与えられる構造。
中身は大手企業の融合体で、共同体の支配者は企業の代表者である。
支配階級による最高機関「共同体会合」によって共同体の方針を決める。
内容は共同体にとっての利益(他社との連携等)を第一に考え、
次に自分達の企業の利益、最後にその他の利益を考える物であり、
軍備は必要最小限に止めている(損失が大きいから)
その為共同体の政府軍の質は低く、
権限の有り多額な報酬が得られる傭兵ギルドの方に
実力の有る者が集まってしまった。傭兵ギルドに関しては↓を参照。

  • 傭兵ギルド「セプムクルム」
加入試験は筆記と実技に分けられ、実技では「共食い」と呼ばれるテストを実施する。
教官は「共食い」で試験者に火器(実弾入り)を渡し、
試験者はダミー(訓練生)と戦い目的を達成しなければいけない。
これ等の試験で合格すれば「傭兵」として認められるが、
実力に問題があれば「訓練生」として傭兵育成学校に入学する。

また大金が必要な傭兵に対しては資金の貸し付けを行っており、
自殺防止用のチップを資金を貸し付けた傭兵の頭に埋め込み、
必ず完済できる様仕事を割り振り、強制的に払わせる厳しい取り立てである。

  • 宇宙放浪民
イリアは「元」宇宙放浪民(宇宙海賊)である。
定住地を持たない人々の総称。放浪という文字通り「自由」な人々。
宇宙放浪民は宇宙空間を住処とし、商人から宇宙海賊まで職種が広い。
彼等は他勢力に必要な物(情報、交易品)を提供し生活を営み、
特に戦争時には兵器や情報を提供、支援する事で大きな利益を得る。
私設の自警団を持ち、いざとなれば武力行使も行う。

アンドロイド

レン、亜美、スタンシア、アーミーアミ、ルネ博士がアンドロイドに該当する。
現在アンドロイドは人間と同じ権利を持ち、人間と同じ様に思考する。
アンドロイドに自我が芽生えたのは西暦2000年後期で、彼等は繰り返し人間に
自分達の権利を認めて欲しいと主張してきたが、認められず弾圧された。

  • フォーサイト紛争
既に一部の人間達の間では反アンドロイドの運動が頻繁に起こり、
人間に壊されるアンドロイドも増え、対立は深くなるばかりだった。
そんな事態を見て地球連邦は解決策を打ち出したが
火に油を注ぎ(地球連邦はアンドロイドと共存する気が全く無かった)、
遂に人類とアンドロイドの戦いが始まってしまった、
結果はアンドロイドの圧勝に終わったが、彼等は人類を支配せず、
元通り人類に貢献し続ける道を選んだ。
また、この紛争によって生体装甲の前身「外皮装甲」も生まれた。

  • アンドロイドの種類
生活用/家庭的で伴侶に適したアンドロイド。最も生産数が多く人気。
重労働用/建築現場や採掘等で活躍するアンドロイド。寛容で拘らない者が多い。
戦闘用/警察、私兵、軍隊、傭兵等の職種に就くアンドロイド。
操縦用/航空機、宇宙船、コロニーの操縦を得意とする。温厚な性格をした者が多い。
その他/介護、女中、護衛等、違法改造も多く謎が多い。





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー