※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いぶきの特殊技について解説します。
技名(コマンド):発生F:ヒット(立ち/しゃがみ)/ガード時の有利不利F:解説という感じで。

巻き蹴り(6小K):6F:-1F:あまり使いどころがありません。あえて固めに使うくらいでしょうか…。

揚面(4中P):7F:-1F/0F/-2F:1~2ヒット目からそれぞれ大Pと下大Kに派生できます。
あまり判定が強くないですが、一応対空に使えたりします。

裏巻き蹴り(4中K):14F:-1F/0F/-2F:リーチが長く、TCに派生できますが、チビキャラのしゃがみ状態に当たらないし、判定も弱いのであまり使いません。

頭砕き(6中K):28F:+10F/+11F/+9F:いぶきの生命線といっても過言ではない技です。中段で、ノーキャンセルで闇時雨とEX旋がつながります。
ガードされても超有利なのでガードされてもOKくらいの気持ちで振りましょう。
BLされても-3Fなので、一部の技でないと反撃を受けないのも利点です。

砂斬(3中K):7F:-6F/-5F/-16F:スライディングです。
姿勢が低くなるので波動拳を潜ったりできます。
先端をヒットorガードさせた場合は(+4F/+5F/-6F)なのでBL仕込みもできます。

追裏拳(遠大P中に大P):3F:+1F/+3F/-1F:遠大Pを使わないのでこの技も必然的に使わないと思います。

梵鐘蹴り(6大K):13F:+1F/+3F/-1F:空中判定かつ強い判定を持っている技です。いぶきの技で一番使える技でしょう。
ダッシュをとめたり足払いを潰したりと万能です。
空中の相手にこれを当ててスタンさせるとスタンコンボで一気にダメージを奪えます。

闇葛(小P+小K):投げです。間合いが泣きたくなるほど狭いですが技自体はスピーディーなので攻めを継続しやすいです。

飛び猿(空中で小P+小K):空中投げです。相手の飛びを読んだときなどにどうぞ。

※特殊技では無いですが、いぶきのダッシュは相手をすりぬける効果を持っています。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー