餃子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨日お店を休んで嫌がる池田さんに無理やり付き合ってもらい「池袋餃子スタジアム」に行きました。
 以前から餃子の業態には興味を持っていましたので、勉強しようとハリキッテいました。
 ついてから一番奥の一軒目に入店。
 全店回るつもりでしたが、4,5件食べていくうちに「本当に名店なの?」と首をかしげる店ばかりでした。
 6件目で「もういいなー」と思い終了。
池田さんも同意見でした。
 僕も少なからず餃子の勉強をして、餃子の基本の作り方は3種類しかないと思っていました。

1.上質なラードとスープを種の中に混ぜ合わせ、とにかくジューシーな状態にすること。まあ一口で食べれない位に熱々にすることですね。

2.野菜をあまり小さく切らずにシャキシャキ感を出すことですね。野菜をメインにするタイプですね。

3.肉も野菜も形を残さないくらいに混ぜ合わせて、薄い皮でカリッと焼き上げるタイプ。冷凍してもおいしく食べられる一口餃子です。

この3種類のどれにもあてはまらない餃子がほとんどでした。
 やっぱり本場で食べなきゃだめでしょうか?
それとも僕が全然間違っているのかちょっと不安です。
 皆さんはどう思われますか?
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|



- 人目のお客様
- 人目の本日のお客様


更新履歴

取得中です。

Google
Webhelp.atwiki.jp