パワパーク@Wiki 楽天の軌跡

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



第304史

再建への光

とうとう楽天のチームみんなが本気になった。
wikiが再開することによってチームメイトの士気が上昇し、ムードは大変いい状態に。
これからはみんな協力し、よいチームを作っていくだろう。
そうすれば次第に結果はついてくるはずだ。
さらに今季オフにはwiki使いがもう一人入団。これによってチームの戦力はもちろんだが
モチベーションにも大きな影響を与えただろう。
今季は新規入団が今の時代にしては多かった。若手主体のチームなのでこれから楽天は怖い
球団になるに違いない。

予想外の2位

投手陣もそんなに能力が強いわけじゃない。
かと言って打線もそんなに能力が高いわけではない。
チームの人でさえ、この2位はきっと予想しなかっただろう。
きっとこの結果は投打共に安定した結果を残せたからだろうか。
打線と投手陣がみんな不調というシーンが見られなかった、これが大きなリーグでの
勝因だろう。
打線はしっかり繋いで得点を稼ぎ、投げては先発陣が4人2点台と驚愕の成績。
投打がガッチリ噛み合った、そんな充実したシーズンだった。



269史

投手陣崩壊

有人選手は野手と同じく3名だが、若手がほとんどである。
名無しだけでは投手陣を支える事は不可能である。
若手が成長するのを待つのみ。

2年連続の最下位

やはり新規入団者が少ないせいか、一向に上がってこない。
若手も成長はしてきているが、なかなか結果を残すことができない。
まるで、再建するときの楽天のような状態にある。
今はガマンの時。これを乗り越えれば黄金期が待っている。

総合 - 今日 - 昨日 - 最終更新日: 2010年09月03日

【 更新者:ツルニセイ 】
}
画像保存