パワパーク@Wiki 他球団分析(楽天)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




今期も優勝を狙う楽天ゴールデンイーグルス。ここではその優勝を争うライバル達に注目していきます。
楽天視点から見た他球団の傾向や印象、直接対決の結果や見どころなどについて紹介していきます。
ライバルに対するアドバイスなども入れていこうと思います。



第372回

オリックス

層の厚さから違う。貫禄の1位。

まず投手の球速が速い
だが野手の能力にところどころばらつきがみられる

ソフトバンク

野手の能力がほとんどc以上。

投手にも穴がなく、バランスのよいチームといえる

先頭バッターに注意すべき球団

西武

比較的投手の変化球が少ない(2種類など)

だがそのぶん球速があるので注意

ロッテ

制球力は抜群の軍団(全員B以上)

バッターはAが少なく、Bもばらつきがみられる。走力が全体的にないといえる

日本ハム

いい選手と能力の低い選手との差があり、最近なかなか勝ちをとれていない

お互いがんばりたい





第278回

オリックス

安定した戦力でリーグ制覇を成し遂げた

若手からベテランまで混在しているチームながら、隙のない布陣はさすが。
ここ数年、常に優勝争いをしているのもうなずける。
あえて言うなら、抑えのツヴァイが隙といえるが、
育成しながらの優勝と考えると、自チームの主力を信じた監督の采配はさすがといえよう。

ソフトバンク

要となる選手がチームを引っ張った

投手の要むねみっさんⅡと打線の要夜神が圧倒的な存在感を示した。
しかし、首位のオリックスと比べると選手の力の差が激しく、
苦しいときに追い切れなかったのがリーグ制覇を逃した原因だと思われる。

西武

打線のバランスはいいが...

問題となるのはやはり投手陣。
引っ張ってくれる選手がいないので、
独自の路線で力をつけているの感じがある。
填れば強いが、脆さもあり、安定した戦いをするのは苦しそうだ。

日本ハム

まだまだこれから...

moemoe、霧雨魔理沙の強力な2枚看板を備える。
Bクラスながら、2人は40本100打点と格の違う結果を残した。
まだまだ人数は足りないが、新しい選手が出てくれば面白いチームになりそうだ。

ロッテ

上位に上がれなかったのが不思議な布陣

投手は期待できそうな選手が多く、
野手もデュラン、長瀬楓と軸となる選手がいるのに、
昨年はまさかの5位という結果に甘んじた。
これからも伸びてくる選手も多く、目の離せない球団になりそうだ。



テンプレート(毎期の分はここをコピーして使ってください)
*第2○○回
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1237)&color(khaki,navy){オリックス}
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1238)&color(white,darkkhaki){日本ハム}
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1235)&color(white,black){ロッテ}
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1234)&color(white,dodgerblue){西武}
*&ref(http://www6.atwiki.jp/akebon/?plugin=ref&serial=1233)&color(black,yellow){ソフトバンク}


過去の他球団分析


チーム オリックス 日本ハム ロッテ 西武 ソフトバンク
担当者 SドルザークS SドルザークS SドルザークS SドルザークS SドルザークS

372期編集:みこと
最終更新日時: 2011年12月25日 10時16分46秒
                              通算訪問者: - 今日の訪問者: - 昨日の訪問者: -