WW2艦船


2次大戦時の艦船のスクリューを現代の技術で作ったものと交換するとどの程度違いがありますか?

たいして変わりません
スピードくらいしか変わらないです
重工業はおもったより進歩してないです当時よりは
(2:4)
そんなことはありません。
例えば、プロペラのキャビテーションを(ある程度)防止できる。(簡単に言うとプロペラ表面がぼろぼろになるのを防ぐ)
他には、潜水艦でいうとハイスキュープロペラを採用することによりキャビテーション防止と静粛性の増加などがあり、
昔と今の違いは一般的にはわかり難いですが、キャビテーションを防止できるということは、
ドックに入るのを少なくでき燃費も良くなりコスト面で大分違ってきます。
(FAQ掲示板)

第二次大戦の頃の軍艦のトイレは、汚物をタンクに溜めたののですか?

汚物捨管があって、そこから垂れ流しです。
(14:370)

Eボートてなんですか?

Germanyの魚雷艇です。
ただ、Germanyの場合、快速の頭文字を取ってSボートと呼んでいましたが、
これに悩まされた英国など連合国側はこの艇のことをE-Boat(Eは敵を意味
するEnemy(綴りあってたかな?)の略)と呼んでいました。
(12:眠い人 ◆ikaJHtf2)

なんで「水雷艇」って兵器は無くなったんですか?

対艦ミサイルが発達したから。

もともと、長距離を疾駆する兵器として魚雷が使われたわけであって、
それよりも射程の長いものが発達してきて、それが小型艦艇にも載る
ので有れば、何も魚雷を装備する必要はないですから。

水雷艇というものが廃れてきたと言う意味で有れば、航洋性が余り無くて使われる水域が限られているため、
艦隊に随伴するのであれば、航洋性を確保するためには、大型化するしかないわけです。

で、水雷艇が脅威だから、水雷艇駆逐砲艇を作り、それを大型化して水雷艇の用途も兼ね備え、
水雷艇駆逐艦となり、最終的に大型化し駆逐艦に吸収されたということになるでしょう。
(18:眠い人 ◆ikaJHtf2)

モニター艦『エレブス』って、いったい何が目的の艦船なのですか?

沿岸を艦砲砲撃するためのものです。ノルマンディー上陸作戦にも参加しています。
(22:929)

WWⅡ時の戦艦や巡洋艦等の水上艦の砲はその交換はどこでどのように行ったのでしょうか。

とりあえず、摩耗して(規定された数だけ撃って)もすぐに弾を撃てなくなるわけではないので、
戦闘中に規定回数に達してもかまわず撃ち続けます(命中率は落ちますが)。
交換方法ですが、作業能力があれば工作艦ですませることもありますし、
なければ当然どこか適当な後方まで下がって行います。
予備砲身は後方に貯蔵されており、自信がスペアを搭載していることはないです。
ちなみに大型の砲の場合、砲身自体が二重構造となっており(外筒と内筒)、
その場合交換するのは内側だけです。
(43:724)

イギリスのインコンパラブルって、カレイジャスやフューリアスと同じ流れなんですか?

まあ、率直に言えば。
発案者のフィッシャー提督の頭の中にはどうやら
「上陸支援用大型砲艦」という発想が根強く染み込んでいたようですね。

WW2時代の戦艦は、基本が「対戦艦戦用大型戦闘艦」という定義だったわけですが
その定義で見ればたしかにインコンパラブルの設計は奇妙なものに映るでしょうね。
でももとから戦艦を撃つために作られた艦艇じゃないので、いいんです、あれで。
用途が狭すぎて、結局は建造されていてもトンデモ艦と呼ばれるか、あるいは
たまたま投入された対艦戦闘で一撃死した公算が高いでしょうが……
(44:72)

第二次大戦時のノルマンディ上陸作戦で使われてた上陸艇って船のどこから発進するんですか?

LCVPなど小型のものは普通の内火艇と同じく、貨物船(AK)のボート
ダビッドから水面に下ろして発進しました。
また、ドック型揚陸艦(LSD)では内部に巨大なドックを設けてあり、
艦尾のドアを開けて発進させるようになっています。

LCT(8)、LSTは一応自力航行が可能です。
(45:眠い人 ◆gQikaJHtf2 )

巡洋戦艦フッドは当時の英国でも今のマニアの間でも妙に人気のある艦のようですが、何が特筆すべき性能やエピソードでもあったんでしょうか?

当時最大の排水量を持っていた艦だからだと思います。
そんでもって悲劇的な最後を遂げた点が愛着を持たれているのでしょう。
イギリス人は「勝利より敗北を愛でる」とか言われていたと思いますので。
(50:マルサッカ)

二次大戦の時に使われていた「水上機母艦」とは一体どんなものだったのでしょうか?

基本構成は、発進のカタパルト、収納のクレーン、機体整備場兼駐機場の平らな甲板です
(50:171)

大戦中膨大な数の船舶が沈められた割には流出した油の被害はどうだったのでしょうか?

現代のタンカーは何十万トンの排水量でその分、多くの石油を輸送している
わけですが、当時は精々が1万トンClassです。
なので、それが被雷しても、海洋汚染は微々たるものと言う認識だったかと思います。
(53:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

大戦中膨大な数の船舶が沈められた割には流出した油の被害はどうだったのでしょうか?

戦争中ということもあり、油の被害について全く調査されていないのが原因です。
うろ覚えですが、沈没した日本海軍の軍艦から少しずつ流出している重油が問題となり、
現地住民が補償を日本に求めたと言う話を聞いたことがあります。
(53:122)

第二次世界大戦中の軍艦の戦記などを読むとよく「応急修理をしてしのいだ」というような記述が出てきますが、どれくらいの量と種類の工具や資材を積んでいるのですか?

駆逐艦ぐらいだと、角材ぐらいしか積んでません。工具もほとんどない。
巡洋艦ぐらいになると、多少の工作機械を積んでますが、これも小さな部品を作れる程度です。
応急用の艦首とかは、泊地に帰ってから工作艦などの手助けを得ます。
(53:778)

昔のイタリア艦についてふと疑問に思ったんですが甲板の赤と白のストライプって何か意味があるんですか?

空中から見た時の対空識別標識です。
ドイツ艦が艦首甲板上に、ハーケンクロイツを描いているのと同じです。
(54:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

イギリスのX艇って、何ですか?

特殊潜航艇の英国版です。
(55:781)

大戦中の潜水艦とか補助艦艇で「ディーゼル機関搭載」の艦艇は、軽油仕様ではないのですか?

船舶用ディーゼルエンジンは潜水艦に限らずたいてい重油で動きますよ。

重油というと、ナホトカ号事件のときに見たような真っ黒な油を想像するでしょうが、
重油にもいろいろあって、ディーゼルエンジン用燃料に使用される重油は
「A重油」と呼ばれ、色も真っ黒ではなく成分もかなり軽油に近いものです。
その他にB・C重油とそれぞれ呼ばれる重油があり、一般的なイメージはこれですね。
(ナホトカ号が漏洩したのはC重油でした。)
(56:名無し軍曹)

空母赤城などに搭載された重油石炭混焼缶のメリットはどのようなものなのでしょうか?

石炭は国産で安いから。巡航時には石炭焚いてれば十分。

艦隊には明治に作ったフネが残ってるから、燃料の統一は基地レベルじゃ無理。
(56:150)
重油だけだと補給が大変だから。八八艦隊計画艦なので重油消費を抑制する狙いがあり。
そのため同時期計画の川内級も混焼缶。
重油と石炭が両方とも使えれば片方がなくても船は動くという考え。
(56:151)

戦中ばかばか沈められたタンカー、軍艦の油流出は当時も問題だったんですか

当時は数万トン以上の大型タンカーは無かったのです。
(日本だと戦時標準船のタンカーは最大でも一万トンだった筈)
#今は100万トンタンカーなんてのもフツーです。

あと、
座礁=浅い海=沿岸近く
撃沈=深い海=陸地遠い
っていう違いもあるかもしれませんね。
(57:90)

航空戦艦がどこの国でも研究のみで採用されなかったのはなぜですか?

中途半端だから。

同じ大きさの空母と比べると載せられる飛行機が少ないし飛行甲板が
短くなるので航空機の運用力で劣る。

同じ大きさの戦艦と比べると砲塔の数が少ないので攻撃力が低いし
飛行甲板がある分装甲防御で劣る(空母部分も戦艦並の装甲にしたら
重くなりすぎる)。

結局どっちにも十分な能力がないので存在意義がない。
(458:580)
伊勢/日向という航空戦艦が実在したんではないんですか?
そりゃ戦局には寄与しませんでしたけど

あれ、実質的に航空機運用した事ないぞ。役に立ったのは北号作戦で物資を空の格納庫に
詰め込んでの強攻輸送船といった方が正しいぞ。

伊勢/日向はなし崩しに改造しただけなので。
しかも、実戦機を搭載して「航空戦艦」として実戦運用されたことは一度もない。

第2次世界大戦前には、三段飛行甲板時代の赤城に20センチ連装砲ではなく36センチ砲載っけた
ような「航空戦艦」「戦艦空母」が各国で構想されていた。
(475:337-339(原文より一部修正)

航空戦艦なんてまじめに考えていたのは日本だけですか?

他の国でも検討した例が結構あるのでしょうか
WW1とWW2の間にアメリカでも似たような艦が考えられています。
ワシントン条約に巡洋艦の排水量25%を航空兵装に割り当ててもよい
という規定のおかげでどこもこのようなものは構想されてますね。

ロシアのモスクワ級とかキエフ級とか

スウェーデンのゴッドランド級航空巡洋艦を実際に建造してます。
アメリカでも同じようなフネを計画していたとは言われています。
あと日本の航空戦艦は真面目に考えていたわけではなく妥協したと言うのが正しいです。
本来は正規空母の予定でしたが期間などの問題からあの形になりました。
(333:70,71,72)

二次大戦のイギリス駆逐艦や巡洋艦を見れば(カウンティ級のぞく)平甲板のアメリカ駆逐艦と違って艦首甲板が一段高い構造になってますがなんでそうしているんですか?

あれは船首楼という船の一形式です。
利点は見てのとおり、艦首部の甲板位置が高いため、波をかぶりにくいこと。
一方で一段下がることで強度上の連続性がなくなるデメリットもありますから、
平甲板型にして甲板位置を全体的に高める手法も用いられます。

船の形式には船首楼や平甲板の他、船尾楼等様々な種類がありますので
一度調べてみてください。
(338:772)

軍艦の艦種で、「護衛駆逐艦」というものがありますが、「護衛巡洋艦」というものはないのでしょうか

護衛駆逐艦は、WW2のときに輸送船団を護衛するために作られた、量産の効く艦。
んで、巡洋艦とは、まあ、優れた航行性能を持ち、準主力として艦隊のワークホースになる艦。
「量産」と「優れた航行性能」は事実上相反する能力なので、当初から「護衛巡洋艦」と名づけられた艦はないです。
ただ、老朽巡洋艦が船団護衛専従みたいになることはあった。
(294:751)

WW2時の艦艇のレーダー対策

現代では垂直的構造物を控えレーダーの反射を押さえていますが,この簡単そうな原理は60年前でも
対策設計できたと厨房ながら思いますた。このような対策を施した兵器はあったのでしょうか?
当時の計算技術では、電波反射の複雑な計算が出来ないので、かなり厳しい。
実際、戦争末期、日本海軍のいくつかの潜水艦は、レーダー対策として、司令塔に斜めに傾けた板を貼り付けたりした。
しかし、若干レーダーに写りにくくなった程度で、あまり効果が無かった。
ステルスとは、そう簡単に作れる物じゃないのです。

後期のUボートには、そのような考えでセイルに逆テーパーをかけた物が有ります。
(356:265,325)

ドイツ海軍に「偵察艦」という艦種があった様なのですが、分類としては戦闘艦艇に入るんでしょうか?

アメリカ風にいうなら「偵察巡洋艦」。フランス風にいうと「通報艦」。
ワシントン条約後の艦種分類では軽巡洋艦に入る。

艦隊決戦に先立って敵の主力艦隊を捜索する艦で、航続力が長くて速力が
それなりに高く、通信機器が充実いて(艦にもよるが)索敵水上機を搭載
して広範囲の索敵ができる巡洋艦。もちろん戦闘艦艇。

敵国の同種の艦との戦闘を考慮しているため、それなりに武装はしているが、
主任務は戦闘ではなく偵察。

アメリカの「オマハ級」軽巡洋艦が典型的なこの「偵察艦」。
(291:673)

ドイツ海軍所属のGrilleという偵察艦と言う艦種のグリーレなる艦が出てきたけど、テスト船?

総統ヨットのGrilleは、再軍備の暁には駆逐艦の主力機関となる高圧蒸気機関の試作も兼ねています。
平時には、要人の接待用ですが、戦時には機雷敷設艦、そして、Narvikでの艦隊旗艦兼防空指揮艦に
なっています。

そう言えば、1940~41年計画で偵察巡洋艦が計画され、Spaehkreuzer1~3が建造されていましたっけ。
海運王とかが持ってる、豪華客船とかその類似のクラスのヨットなのでしょうか?
まぁ、排水量2,560tですから(ぉ。

Yachtの定義的には、「快速船《個人所有で宿泊設備つきの遊覧用の豪華な船
通例エンジン付きで帆のないものが多い》となっているので、あながち間違い
ではありません。

堀江謙一さんが太平洋に漕ぎだしているのは、Sailing Boatと言われるそうな。

ちなみに、Grilleは賠償で英国に引き渡された後に、米国に渡り、其処で個人に
売却されて、1951年に座礁して失われています。
(291:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

大戦中のドイツ軍やソ連軍に、旧軍の装甲艇のような河川警備用の艦艇というのはありましたか?

ソ連の場合は、1932年建造のUdarnyi、Aktivnyi、1934~39年建造のZheleznyakov級の河用砲艦を建造したほか、
42tのType1124BKA、29tのType1125BKAの二種類の砲艇が作られました。
前者は、T-28またはT-35の戦車砲塔を2基流用したもの、後者はT-34/76 1940年型の砲塔1基を装備したものです。
なお、後者には一部カチューシャが搭載されています。

これらは、1941年の独ソ戦時には、85隻が発注され、68隻が建造中で、1941年8月18日には更に110隻が発注されています。

更に、その後継艇として、MBKが建造されました。
これは、T-34/85の砲塔2基を装備したもの、もしくは一部には10cm砲を搭載したものがあり、1944年から引き渡されました。
全三種の艇は1935~45年までに最低270隻建造され、90隻が失われています。

ドイツの場合は、1943~45年に掛けて20隻が建造されたLS1級と1945年に建造されたKS級があります。
これらは何れも河川用魚雷艇で、前者は、JunkersかDBのDieselを搭載して、450mm魚雷発射機2基を持ち、20mm機関砲を
装備しており、後者はガソリンエンジンで53.3cm魚雷発射機2基を装備したものです。
砲艇として用いられたものとして専用のものはありませんが、ドナウなどでは捕獲艇が用いられています。
(288:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

英国の対空砲艦というのはどのような艦なのですか?

対空砲艦には二種類有り、一つは1,800~6,800総トンの貨物船(前身は特設巡洋艦として徴用したもの)
に、4インチ連装高角砲を艦の前後に2基当て装備し、4連装2ポンド砲を船橋側面に2基配備したものが
Defaultの武装でした。
Alynbank、Foylebank、Palomares、Pozarica、Prince Robert、Ppringbank、Tynwald、Ulster Queenの各船
です。
このうち、Prince Robertはカナダ海軍のもので、元来特設巡洋艦だったものこの艦種に転換したものです。
後に、2ポンド砲は撤去され、40mmボフォース機関砲を4門と20mmエリコン機関砲を9門装備しています。
なお、武装強化では、他の生残りの艦は順次20mmエリコンが6門追加されています。
Springbankには、これに加えて、Fulmar戦闘機を1機カタパルトに装備していました。

1943年に生き残ったAlynbank、Prince Robert、Palomares、Ulster Queenのうち、Alynbankは1944年に閉塞船
としてノルマンディーに沈められ、残りは対空指揮艦となりました。

もう一つのものは、350~3,000t級の沿岸貨物船を改造したもので、6隻のスクリュー船と26隻の外輪船がこの
任務に当たっています。
後者のうち20隻は、特設掃海艇から改造されたものです。
武装は、初期の頃は2ポンド砲を艦の規模にも依りますが、2~6門と若干の機関銃、後に、2ポンド砲は20mm
エリコン機関砲に換装されています。
また、一部の艦は12ポンド砲1門、2ポンド砲2門、最大の艦である、Coronationは、20口径3インチ砲2門、2ポンド
砲2門を装備していました。
なお、この沿岸対空砲艦で喪われたのは、4隻ありました。

CAM-Shipは簡易的なもので、Hurricane戦闘機をカタパルトにくくりつけただけで、回収は考えていません。
乗員は、護衛艦艇の近くに着水して救助されるものです。
その装備位置は各艦まちまちですが、大抵の島型貨物船の場合、煙突後部のスペースに備えているものが、
多かったようですが、大型船の場合、艦尾にもあります。
いずれも、機体は横向きに撃ち出されるよう、固定されています。

北欧空戦史とか北海の戦い(朝日ソノラマ・絶版)に写真とかが掲載されていたか、と記憶しています。
(119:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

ドイツや英国の防空巡洋艦というのはどんなものだったんでしょうか?

外輪船改造は沿岸用で、船団護衛用に大型船を改造したものがあります。

ドイツの場合は、宿泊船として使われていた小型巡洋艦Gazelle級のArcona、Medusaを
1942年に対空砲台に改造していますし、ノルウェーやデンマークの海防戦艦を占領後に
接収して、練習艦兼防空砲台としています。

英国の防空巡洋艦は、C級の改造型で、Caledon、Coventry、Curlew、Cairo、
Calcuttaが改造されています。
主兵装はいずれも4in連装高角砲を3~4基に換装され、ポムポム砲を2基程度装備して
います(後に撤去され、40mm単装砲と20mm機関砲に換装されていますが)
またD級のDelhiは、1941~42年にかけて米国改造されたため、5in単装両用砲5門、
ポムポム砲2門に換装されています。
(119:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

WW2の艦船で現役なのはありますか?

確かパキスタンであったような
2001年の段階では、Pakistanの旧英国大戦型駆逐艦は、英国の軍艦大バーゲンの際に
退役しています。
旧英国大戦型駆逐艦は、EgyptにZ級が1隻あり、EgyptはBlack Swan級護衛駆逐艦も1隻
未だに保有していますね。
旧米国大戦型駆逐艦・護衛駆逐艦は、MexicoにEdsall級護衛駆逐艦が1隻、C.Lawence級
護衛駆逐艦が3隻、ついでに、自前調達で、1936年建造のフリゲートが1隻、Philippinesに
Cannon級護衛駆逐艦(Viet Nam流れだったかな)が1隻、Auk級コルベットが1隻、その本家
Viet Namには、南から鹵獲したBarnegat級水上機母艦改造護衛駆逐艦が1隻があります。

旧米国の駆逐艦では、Gearing級のFRAM改造型が台湾に7隻、同じく韓国に5隻、Mexicoに2隻
供与されており、Fletcher級がMexicoに1隻あります。

このほか、第二次大戦中に計画され、戦後完成したものとして、旧英国のDaring級駆逐艦が1隻
Peruが保有し、PeruはNetherlandsの軽巡洋艦を未だに保有しています。
(127:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

日本の駆逐艦とか潜水艦にはアクティブソナーはあったんでしょうか。

それと米軍の行動中の潜水艦を駆逐艦で沈めたことはどの位あるんでしょうか。
一応、駆逐艦には、あると言えばありますが、潜水艦には無かったかと。

対潜用水測兵器としては、聴音機が最初米国製MV式、次いで、国産の九三式になりました。
探信儀は、九三式をずっと用いています。
後にGermanyのS装置を基にした、三式探信儀が誕生して以後はそれに切り替えられています。
また、後に聴音機は、四式が実用化され、松級の一部はこれを搭載しています。

ついでに、英国式のASDICを国産化したものも駆逐艦ではない、一部艦艇に搭載されていましたが、
後に三式に統一されています。

米軍の行動中の潜水艦を駆逐艦で沈めたのは、1942年2月のSharkを皮切りに、3月にPerch、1943年
1月にArgonaut、3月にGrampus、11月にSculpin、1944年2月にTrout、10月にShark(II)、11月にGlowler
と、最低でもこれくらいはありますね。
(127:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

F型ライターとは、どんな船なんでしょうか?また、MGBとどう違うのか教えてください。

F型ライターとは、ドイツ海軍が第二次大戦中量産した、輸送艇MFPのことです。
用は自走艀で、排水量220t、長さ47.0m、主機ディーゼル(390馬力)、速力7.5kts/h、滞貨重量105tまたは兵員200名を輸送
出来る、米国のLCUに相当するもので、この艇体を利用して、砲や対空火器を増備した砲艇のD型、機雷敷設用のAM型など
がありました。
MGBはMotor Gun Boat、これは、英国で主に使用されたMotorboat型高速砲艇で、MFP-DとMGBがしばしば戦闘を繰り広げて
います。
Camper & NicholsonのMGBの場合、排水量115t、長さ35.7m、主機Packardガソリンエンジン(1350hp)×3、速力は31kts/hに達し、
兵装は、6ポンド砲1門を艇首に、20mm連装機銃1基、同単装機銃2門、45cm魚雷発射管4門と強力な武装を誇っています。
これらは、元々、ドイツ海軍のE-Boatに対抗する為のものでした。
(257:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

WWⅡでアメリカが駆逐艦等を改装した機雷敷設艦の一覧でも分りませんか?

WWIIの米国駆逐艦改装機雷敷設艦と言うことで良いのでしょうか?

Flush-Decker'sを改造したもので、
 Gamble(DD123 → DM15)
 Ramsay(DD124 → DM16)
 Montgomery(DD121 → DM17)
 Breese(DD122 → DM18)
 Tracy(DD214 → DM19)
 Preble(DD345 → DM20)
 Sicard(DD346 → DM21)
 Pruitt(DD347 → DM22)
Sumner級改造のものが、
 Robert H. Smith(DD735 → DM23)
 Thomas E. Fraser(DD736 → DM24)
 Shannon(DD737 → DM25)
 Harry F. Bauner(DD738 → DM26)
 Adams(DD739 → DM27)
 Tolman(DD740 → DM28)
 Henry A. Wiley(DD749 → DM29)
 Shea(DD750 → DM30)
 J. Willoam Ditter(DD751 → DM31)
 Linsey(DD771 → DM32)
 Gwin(DD772 → DM33)
 Adam Ward(DD773 → DM34)
(149:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

「護衛駆逐艦」「護送駆逐艦」とはなんでしょうか?

米国海軍的言い回しですと、Destroyer Escortになります。
英国海軍なら、Escort Destroyer。

駆逐艦の様に艦隊決戦に用いず、船団護衛に主に用いられるもので、魚雷発射管は殆ど搭載せず、
砲口径も小さく、対空火器と対潜装備を充実させたものです。
更に量産が効くように、各種装備は簡略化され、速度も船団維持と潜水艦の速力より高いくらいなので、
余り出せませんし、それを前提に、ディーゼル主機とかディーゼル電気推進、タービン艦でも、ボイラーは
三連成機関となっています。
(153:眠い人 ◆gQikaJHtf2)

アメリカは太平洋戦争末期に台風にやられてえらい被害を受けたそうですけど、なんでそんな被害を受けてしまったのでしょうか?

軍艦だったら荒天に備えるのは当たり前だと思うのですが
航空機の進歩に対応するため補助艦は対空火器を山盛り乗せたせいでトップヘビーになっていた。
そこに台風の直撃を受けることで被害が拡大した。ぶっちゃけ、ぶっちゃけ、友鶴事件の再現。
空母の艦載機被害はシャッターで塞いでいるだけの開放型格納庫の欠点がモロに出たため。

あと、日本近海ってのは4つの海流と大陸性、海洋性の気団が入り乱れてオマケに台風も来る世界でも有数の海難地帯
戦国時代に欧州から来た船がやたら難破したり、江戸時代末期に漂流者がやたら欧米の船に拾われたのもこの環境が要因。
アメリカ沿岸の運用環境を想定した米海軍の航洋性は日本近海でははっきり言って甘過ぎた。
だから戦後に空母はエンクローズド化して、補助艦は軒並み再設計になった。
(725:648)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

▼全カテゴリー

■ 総記
├ 戦争全般
├ 軍事用語
├ 軍隊組織
├ 編成
├ 条約
├ 軍法
├ 諜報・情報戦
└ 戦略・戦術
  └ 戦法等
■ 雑学

■ 兵種・兵役等
兵種全般
特殊部隊
傭兵
軍医・衛生兵
パイロット
捕虜
兵役制度
階級

■ 兵器
兵器全般
銃砲全般
├ ▼小火器
| ├ 小火器全般
| ├ 小銃全般
| ├ 突撃銃全般
| ├ 各国の小銃
| | ├ アメリカの小銃
| | ├ ロシアの小銃
| | └ 日本の小銃
| ├ 機関銃全般
| | └ 各種機関銃
| ├ サブマシンガン
| ├ 散弾銃
| ├ 拳銃全般
| | └ 各種拳銃
| ├ 旧式銃
| ├ 銃器関連装備
| ├ 対戦車兵器
| ├ 迫撃砲等
| ├ 射撃技術
| └ 銃弾全般
|  └ 各種銃弾
├ ▼重火器
| ├ 重火器全般
| | └ 各種重火器
| └ 砲弾全般
|  └ 各種砲弾
├ ▼車両
| ├ 車両全般
| | └ 各種車両
| ├ 戦車全般
| | ├ 戦車砲
| | └ 戦車の装甲
| ├ WW2戦車
| | └ WW2各国の戦車
| └ 大戦後の戦車
|  └ 各国の戦車
├ ▼艦船
| ├ 艦船全般
| ├ 艦載兵器
| | └ 艦砲
| ├ 戦艦全般
| | ├ 各種戦艦
| | └ 大和型
| ├ 空母全般
| | ├ WW2空母
| | └ 大戦後の空母
| ├ 潜水艦全般
| | ├ WW2潜水艦
| | ├ 原潜
| | └ その他潜水艦
| ├ 輸送艦・揚陸艦
| ├ イージス艦
| └ その他の艦船
├ ▼航空機
| ├ 航空機全般
| | ├ 航空機技術
| | ├ 空戦技術
| | └ エンジン
| ├ ステルス機
| | └ 各種ステルス機
| ├ 戦闘機全般
| ├ 米軍機全般
| | ├A-10
| | └米軍戦闘機
| ├ ロシア機
| ├ 自衛隊機
| ├ その他戦闘機
| ├ その他航空機
| ├ レシプロ機
| | ├ レシプロエンジン
| | ├ 各種レシプロ機
| | ├ WW2米軍機
| | ├ ドイツ軍機
| | └ 日本軍機
| |  └ 零戦
| └ 軍用ヘリ全般
|   └ 各種軍用ヘリ
├ ▼ミサイル
| ├ ミサイル全般
| ├ 各種ミサイル
| | ├ 弾道ミサイル
| | ├ 対艦ミサイル
| | └ 対空ミサイル
| └ ミサイル防衛
├ ▼爆弾等
| ├ 爆弾全般
| ├ 各種爆弾
| ├ 爆薬・炸薬
| └ 地雷
├ ▼魚雷
| ├ 魚雷全般
| └ 各種魚雷
├ ▼大量破壊兵器
| ├ 核兵器全般
| | └ 各種核兵器
| |  └ 広島・長崎
| └ 生物化学兵器
レーダー全般
| └ 各種レーダー
宇宙
軍用ロボット
動物兵器
未分類兵器
 └ 刀剣弓等

装備
  ├ 防具
  ├ 勲章
  └ 軍服



■ 国家・地域
├ ▼ アメリカ
| ├ アメリカ全般
| └ アメリカ軍全般
|   ├ アメリカ陸軍
|   ├ アメリカ空軍
|   ├ アメリカ海軍
|   └ アメリカ海兵隊
├ ▼ ロシア(旧ソ連)
| ├ ロシア全般
| └ ロシア軍
├ ▼ 欧州
| ├欧州全般
| └ 西欧諸国
├ ▼ 中国
| ├ 中国全般
| └ 中国軍
台湾
├ ▼ 朝鮮半島
| ├ 北朝鮮
| └ 韓国
アジア全般
中東全般
| ├ イラン
| └ イスラエル
中央アジア
| └ アフガニスタン
アフリカ
その他の地域

■ 戦史・戦訓
近代以前
近代
日本史
日清戦争
日露戦争
├ ▼ 第一次世界大戦
| ├ WW1全般
| ├ WW1連合国
| ├ WW1同盟国
| ├ WW1陸戦関係
| ├ WW1海戦関係
| └ WW1空戦関係
日中戦争
| └ 満州国
ノモンハン事件
├ ▼ 第二次大戦
| ├ WW2全般
| ├ 連合国全般
| | ├WW2アメリカ
| | └WW2ソ連
| ▼欧州戦線
|  ├ 欧州戦全般
|  ├ 独ソ戦
|  ├ ドイツ全般
|  | ├ドイツ軍
|  | ├ヒトラー
|  | └ナチス
|  ├ 欧州陸戦関係
|  ├ 欧州海戦関係
|  └ 欧州空戦関係
| ▼太平洋戦線
|  ├ 太平洋戦全般
|  ├ 旧日本全般
|  ├ 旧日本軍全般
|  | ├日本海軍
|  | └日本陸軍
|  ├ 戦前関連
|  ├ 開戦関連
|  ├ 戦中関連
|  ├ 降伏関連
|  ├ 戦後関連
|  ├ 太平洋陸戦関係
|  | └硫黄島
|  ├ 太平洋海戦関係
|  ├ 太平洋空戦関係
|  | └ 空襲
|  └ 特攻
朝鮮戦争
ヴェトナム戦争
├ ▼ 現代戦
フォークランド紛争
湾岸戦争
イラク戦争
低強度紛争
領海侵犯