※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

融解コントロール


融解戦鬼灼熱王
ユニット-サラマンダー
使用コスト:赤1無7 移動コスト:赤1無3
パワー:7500  スマッシュ:2
クイック

補給 (あなたがこのカードをプレイするコストを支払うにあたり、その使用コストに必要な無色エネルギーを、
   あなたのベーススペースのスクエアにあるベースの枚数1枚につき-1する。)
[あなたのベーススペースのスクエアにあるベースを1枚選び、廃棄する] 《クイック》
あなたはこのカードをこのカードと隣接する自分のユニットのないバトルスペースの対象のスクエアに
リリース/フリーズ状態を変更せずに置き、ターン終了時まで、パワーを+2000する。



このカードを中心にしたフォースセンチュリー主体の、日本選手権2008本戦で猛威を振るったコントロールデッキ。

<構築>
まず融解戦鬼灼熱王は当然として3積み。そしてこのカードがベースさえあればほぼ永久的にに、回避&強襲を繰り返せる点を主張するため、1~2コスのベースを15~20枚入れる。
また、確定除去を回避するセーブ・ポイントと相性が良く、灼熱王を早く出す必要があるので、青の再改造手術ラム酒を一杯?などのドローソースも必要とあって、赤青で組まれるのが一般的。
その他にも除去要員としてジャック・オー・フロスト、同系対策にローグ・ロングホーンビートルをいれる。
タッチで黒や緑を入れる場合もある。

<戦術>
兎に角ベースを貼りまくるのが肝要。そしてドローを駆使し、理想は5ターン目に灼熱王を召喚。
灼熱王を中央エリアに居座らせ、相手のユニット展開を妨害しながら7点殴ってしまおう。
コントロールといってもドローするので、デックアウトは狙えない。あくまでも7点殴って勝つ事を心がけるように。

<対策>
電脳神の聖地を3ラインに貼れればそれだけでゲームエンドに近くなる。
他にもメロー・カード天使達の決意?のような特殊移動に対するメタカードでも良い。
ただ構築が人によってかなり違うので、灼熱王は封じたものの、他のカードで7点殴られた・・なんてことにならないように。

関連リンク


参考外部リンク




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー