※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ランデス


エネルギーゾーンのカードを破壊する行為。
別名「エネ破壊」とも呼ばれる。
こうした、ランデスによって相手のエネルギーを減らし、動きを封じることで一方的に展開し相手を倒すデッキは「ランデスデッキ」と呼ばれる。

元ネタは'''Magic:the Gathering'''からの転用。
正式名称「ランド・デストラクション(Land Destruction)」日本語に訳すと「土地破壊」ということになる。


D-0においては、最初期に活躍したクレーターミュラーに使用された大巨人クレーター・メーカーが最も有名だが、ゲーム性を崩すとされ大巨人クレーター・メーカーはD-0初の禁止カードとなった。これ以降ランデスは衰退していく事となった。

セカンド・センチュリーからは妖魔の勇者などのエネルギーを封じるカードの登場に場所を奪われた様子だったが、サード・センチュリー以降は、小妖精の悪戯?魔甲ドーザー土竜ジュニアの悪戯など徐々にだがランデスカードが登場している。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー